形がおかしい?濃く描きすぎ?眉のお悩みはコレで解決!

2017年9月14日 07:50
 

メイクの中で、アイブロウメイクが難しいという声をよく耳にします。筆者自身もそう感じたことがあり、プロの技術を借りたこともあります。すると、驚くほど顔全体の印象が変わって、もっと早くにアイブロウメイクを見直すべきだったと後悔した覚えがあります。そのため今回は、アイブロウメイクに悩んでいる人の少しでもお役に立てるようにと、この記事を執筆しました。ぜひご覧ください!
困ってしまうお悩みはコレで解決!眉にまつわるお悩みを解消する方法

1.眉の形がうまく決まらない

眉の形がうまく決まらないという悩みを抱えている人は多いようです。そんな人に最もおすすめなのは、専用のサロンで整えてもらうこと。

しかし、専用のサロンへ行くにはお金がかかりますし、第一住まいの近くにそういったサロンがないという人もいることでしょう。そんな場合には、テンプレートを使うのがおすすめです。

とはいえ、テンプレートを選ぶ際にはいくつか注意が必要です。まず、自分の顔の大きさや骨格に合うこと。次になりたい顔のイメージに近づけるかどうか。最低でもこの2点はクリアできるものを選びましょう。
眉の形

2.ついつい濃く描きすぎてしまう

眉を描くと、いかにも描きましたというように、不自然なほど濃く描いてしまうという人も案外多いのでは?

そんな人は、パウダータイプのアイブロウを使うか、仕上げにスクリューブラシでぼかすのがおすすめです。

そうすれば濃く描くのを防いで、自然な眉を描くことができます。また、毛流れも整えることもできるのでより自然な仕上がりになりますよ。
スクリューブラシでぼかす

3.眉を描くと、くすんで見える

眉を描くとなんとなく、顔色がくすんで見えるということがあると思います。それは、眉の色があなたの肌に合っていない可能性が高いでしょう。

そのため瞳の色や髪色と揃える、実際の眉よりも明るくするなどして肌のトーンが明るくなるような色を選びましょう。

4.左右対称に描くことができない

左右対称に描くのが難しいというお悩みをよく耳にします。そんなお悩みを解消するには、眉頭と眉山、眉尻この3点を左右対称にすることを心がけましょう。

そのためには最初にそれぞれの部分に点を描き、それを結ぶように眉を描くのがおすすめです。そして、大きい鏡の前に立ち眉を描きましょう。
眉をかく

5.眉を描くと野暮ったく見えてしまう

眉を描くと野暮ったく見えてしまうのが悩みという人は、明るめのアイブロウマスカラを使うのがおすすめです。そうすると垢抜けた雰囲気に仕上がるほか、眉の毛流れも整いますよ。

まとめ

眉は顔全体の印象を変えるパーツといっても過言ではありません。ベースメイク同様に丁寧にメイクして、自分をよりよく見せることができるよう心がけましょう。

遠藤 幸子
アンチエイジングアドバイザー、エイジング美容研究家

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.