ビューティ情報『今日から失敗しない!タイプ別「チーク」の選び方』

今日から失敗しない!タイプ別「チーク」の選び方

2018年2月12日 08:50
 

パウダー、クリーム、スティックなど様々な形状があるチーク。「色も形状もたくさんありすぎて、どれを選べばいいかわからない!」そんな声もよく耳にします。そこで、今回はできるだけ失敗しないチーク選びのポイントをご紹介したいと思います。

目次

・1.タイプ別おすすめの形状はコレッ!
・2.色選びのポイント
・3.質感選びのポイント
・まとめ
今日から失敗しない!チークの選び方

1.タイプ別おすすめの形状はコレッ!

【クリーム】
肌の乾燥が気になる人や自然なツヤと血色をプラスしたい人におすすめなのが、クリームタイプのチーク。左右対称に頬の笑った時よりも少し高い位置に、指またはスポンジに適量とって点を置いて、そこから円を描くようにポンポンとなじませて、最後にスポンジでぼかせばOK

【パウダー】
さりげなく、ふんわりとチークを入れたい人や不器用な人におすすめなのが、パウダータイプのチーク。ただし、ブラシは上質なものを選ぶ必要があります。チークをブラシに含んで軽く払ってから、鏡を見ながら左右対称に入れましょう。そして、色が足りない場合はさらに重ね、逆に濃く入れすぎた場合にはスポンジでぼかしたり、パウダリーファンデを塗ったスポンジを重ねたりして調整しましょう。そうすれば失敗する可能性は低くなります。

パウダーチーム

【ティント】
モチをよくしたい人やジュワッと滲み出るような血色をプラスしたい人におすすめなのが、ティントタイプのチーク。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.