ビューティ情報『美しい人は呼吸上手。血流を促進する「呼吸しやすいカラダ作り」』

美しい人は呼吸上手。血流を促進する「呼吸しやすいカラダ作り」

2018年2月12日 19:50
 

毎日無意識に行う呼吸。その質を確かめていますか?あなたも緊張やストレスで呼吸が浅く、早くなっているかも?そのような呼吸は、脳への酸素を届けにくくしたり、血流を悪くしたりする原因となります。まずは、準備として呼吸の入りやすい体を作りましょう。

目次

・1.肩甲骨の動きを良くするストレッチ
・2.捻る動きを繰り返し、ほぐすエクササイズ
・3.呼吸をしてみましょう。
美しい人は呼吸上手!呼吸しやすいカラダ作り。

1.肩甲骨の動きを良くするストレッチ

胸周辺の背骨や肩甲骨などの動きが悪いと、横隔膜の動きを阻害してしまうこととなり、浅い呼吸の原因となります。このストレッチでは、背骨から肩甲骨を離すイメージを持って行って下さい。

A、まずは、四つ這いになります。

B、片方の肘を伸ばし、その脇から逆の手を入れ、肩甲骨とこめかみを付けてしまいます。背中側に重心を かけるようにしましょう。肩甲骨の間や下の方に伸び間を感じることができたら10秒ほどキープして四つ這いに戻ります。

C、反対側も気持ちよく行いましょう。

2.捻る動きを繰り返し、ほぐすエクササイズ

A、1.のストレッチが終わったら、脇の下から腕を戻し、一度胸に掌を添えます。

B、今度は肩甲骨が床に付かないように同じように脇の下に手を突っ込むようにします。なるべく指先で遠くを突くようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.