ビューティ情報『猫背矯正!凝りにくい肩を育てる「猫のねじりポーズ」』

猫背矯正!凝りにくい肩を育てる「猫のねじりポーズ」

2018年3月12日 18:50
 

こんにちは、愛子です。肩凝りが酷く、マッサージに通う頻度が増えているなんて方はいませんか?たしかにマッサージは気持ちいいですが、根本的に体を治さなければ、すぐ元に戻ってしまいます。姿勢を改善し、凝りにくい肩を育てましょう。そこで今回は、肩凝り&猫背の改善や予防に効果的なヨガのポーズをご紹介します。

関連リンク

・Fit Girls File #18 広瀬真菜さんのフィットライフ
・目元のむくみすっきり!メイク前の30秒マッサージ
・髪の毛の乾燥を防いでしっとりツヤツヤ髪にするスペシャルケアとは?
【ヨガ】凝りにくくほぐれやすい肩を育てる「猫のねじりのポーズ」

猫のねじりのポーズ

(1)四つん這いになる。手は肩幅、足は腰幅に開き、手首の真上に肩、膝の真上にお尻がくるようにする。足の甲は床につけておく。

(2)息を吸いながらつま先を立て、背中をしならせ目線を天井に向ける。

(3)息を吐きながら足の甲を床に戻し、背中を丸め目線を床に向ける。(2)(3)を1セットとして5回を目安に繰り返す。

(4)息を吸いながら四つん這いに戻る。

(5)息を吸ってお腹を引き締める。

(6)息を吐きながら、左腕を右腕と床の間に入れ、右腕の下をくぐらせる。左手の平は上に向けておく。余裕があれば、右腕を遠くに伸ばす。3~5呼吸キープ。
猫背矯正!凝りにくい肩を育てる「猫のねじりポーズ」

(7)息を吸いながら右腕を床と垂直になるように持ち上げる。3~5呼吸キープ。
猫背矯正!凝りにくい肩を育てる「猫のねじりポーズ」

(8)息を吐きながら右腕を下ろし、左手を引き抜いて四つん這いに戻る。

※(4)~(8)までの流れを反対側で行う。

期待できる効果

・肩凝り解消・予防
・猫背の改善・予防
・肩甲骨周りを柔軟にする
・脇腹を柔軟にする
・リラックス効果

凝りにくく、ほぐれやすい肩を育てよう!

肩凝りの大きな原因の1つが、悪い姿勢です。姿勢を改善し、つねに肩回りがほぐれ血行がいい状態を保てれば、肩は劇的に凝りにくくなります。

私は昔から肩が凝りやすいのですが、姿勢を改善したことで随分マシになりました。今でもたまには肩が凝ることもありますが、少しケアすれば簡単にほぐれます。継続は力なりですね。自宅で簡単にできるので、ぜひ続けてみてください♪
猫背矯正!凝りにくい肩を育てる「猫のねじりポーズ」

愛子
コラムニスト、モデル

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.