ビューティ情報『食べながらカロリーを消費できちゃう!?おいしい肥満予防法』

食べながらカロリーを消費できちゃう!?おいしい肥満予防法

2018年3月9日 08:50
 

Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。毎日の何気ない行動の積み重ねがあなたのプロポーションを、ブヨブヨ、ガリガリ、メリハリ、スマート、さまざまな方向へ導いています。好きなものを食べていても太りにくい体質へ導くには、3つの代謝を意識して増やすこと。消費エネルギーの割合や特徴を知って上手に代謝UPしましょう!

目次

・消費エネルギーの割合は?
・食事中の消費エネルギーは食材により大きく変動する!?
・1日3回の食事で「食事誘発性熱産生」をUP!
食べながらカロリーを消費!美味しい肥満予防法!

消費エネルギーの割合は?

3つの消費エネルギー量の一般的な割合は、基礎代謝が約6~7割、日常身体活動代謝が約2~3割、食事誘発性熱産生が約1割です。

もしあなたが1日に2000kcal消費しているとすると、基礎代謝は1200~1400kcal、身体活動代謝は400~600kcal、食事誘発性熱産生が200kcalということになります。

こうして具体的に数字にしてみると、それぞれのバランスがよく理解できますね。

消費エネルギーの割合

食事中の消費エネルギーは食材により大きく変動する!?

今回は上記3つの代謝の中で、消費エネルギー量が一番小さい「食事誘発性熱産生」について解説します。全体の概ね10%と紹介される「食事誘発性熱産生」ですが、実は栄養素によってかなり違います。どれくらい違うかというと、「糖質が約6%、脂質が約4%、タンパク質が約30%」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.