ビューティ情報『やる気がでない日に「気力・活力」を高める!内臓機能も活性化するヨガ』

やる気がでない日に「気力・活力」を高める!内臓機能も活性化するヨガ

2018年3月31日 11:50
 

こんにちは、コラムニストの愛子です。特別疲れているわけでも、寝不足なわけでもないのに、なぜだかやる気が起きない日ってありませんか?そんな日に限ってやらなきゃいけないことがたくさんあるんですよね~(涙)。今回はそんなときにおすすめの、気力・活力を高めるヨガポーズをご紹介します♪

関連リンク

・【4月25日】丸の内KITTEで夜のヨガ×腸食スペシャルイベント開催
・五月病にサヨナラ! 憂うつな気分を吹き飛ばすヨガ「猫伸ばしのポーズ」
・【特別対談】 女優・ヨガインストラクター 松本莉緒さん×ヘンケルジャパン(シュワルツコフ)代表金井博之さん~後半~
【ヨガ】やる気復活!気力・活力を高めるパーダハスタ・アーサナ

パーダハスタ・アーサナ

パーダには「足」、ハスタには「手」という意味があります。

(1)足を腰幅に開き、姿勢を正して立つ。
(2)息を吸ってお腹を引き締め、背筋を伸ばす。
(3)息を吐きながら前屈し、手を足の下に入れ、手の甲を床につけ、手の平全体を足の裏につける。
(4)息を吸いながら頭を持ち上げ、背中をなるべくくぼめるようにする。3呼吸キープ。
パーダハスタ・アーサナ

(5)息を吐きながら両肘を曲げて、さらに前屈を深め、頭を両足の間に入れる。5呼吸キープ。

パーダハスタ・アーサナ

(6)息を吸いながら両手を解放し、ゆっくり体を起こして(1)の状態に戻る。

ポイント

・息を吸うときにお腹を引き締め腰(お腹)から背筋を伸ばし、息を吐くときに前屈を深めるようにしましょう。

・ポーズをとることに一生懸命になるあまり、呼吸が浅くなったり止まってしまったりしないように気を付けてください。常に深い呼吸を保ちましょう。

・(5)が辛い方は、まずは(4)でキープし、体を慣らしていきましょう。(4)が楽に出来るようになったら、前屈を深めていき(5)にチャレンジしてみてください。

期待できる効果

・内臓機能を高める
・太ももの裏側、ふくらはぎの柔軟性を高める
・リラックス効果
・気力、活力の向上

おわりに

前屈した状態で深い呼吸をすることで、内臓機能も活性化します。内臓機能が高まれば、体の中から元気が湧いてきて、自然とやる気も復活するのではないでしょうか。ダルいときこそ、重い腰を上げてちょっと体を動かせば、血流が良くなり徐々にやる気も湧いてきますよ!

愛子
コラムニスト、モデル

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.