ビューティ情報『横を向いて自分の肩が見えたら要注意!姿勢をよくする方法を伝授』

横を向いて自分の肩が見えたら要注意!姿勢をよくする方法を伝授

2018年4月4日 11:50
 

自分の肩を見てください。肩が見えますか?見える人は肩がインしていると言われ、姿勢が悪く肩凝りや首凝りにもなりやすくなります。昔から姿勢を良くしなさいと言われてきたと思いますが、見た目はもちろんのこと健康をも左右してしまう恐れがあります。

目次

・横を向いて自分の肩が見える人は気を付けて!
・台湾式邪気の抜き方で邪気を払う
・「2段階バンザイ」で肩こり解消
横を向いて自分の肩が見える人は良い人だけど気を付けて!

横を向いて自分の肩が見える人は気を付けて!

姿勢が悪い人は、自分の洋服を見ると胸にシワが出来てしまうように、肺や気管も縮こまり正しい動きが出来にくくなってしまう恐れがあります。

そこで、気付いた時に肩甲骨を付けるイメージで、胸を広げ肩を後ろに回してください。姿勢が整いますよ。
胸を広げ肩を後ろに回す


胸を広げ肩を後ろに回す

台湾式邪気の抜き方で邪気を払う

ストレスが溜まると悪い気も溜まると言われているので、姿勢を良くするストレッチと共に、嫌な気持ちや落ち込んでいる時は、「台湾式邪気の抜き方」を試してください。

【台湾式邪気の抜き方】
普通の腹式呼吸や深呼吸ではありませんよ。

肋骨の下に両手の人差し指、中指、薬指の3本の指先を軽く当て、そこに空気を送り込むように口から大きく息を吹き込みます。一度軽く息を止めたら少しずつ吐きます。

何度か気持ちが落ち着くまで繰り返してみてください。これを肋骨呼吸といいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.