ビューティ情報『調味料だってヘルシーに。選ぶ重要ポイントと減らすテクニック3つ』

調味料だってヘルシーに。選ぶ重要ポイントと減らすテクニック3つ

2018年4月2日 21:50
 

こんにちは、コラムニストの愛子です。せっかくヘルシーな食事を心がけているのに、調味料には拘っていない方って多い気がします。「それくらいいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、毎日積み重なればけっこうな量になります。そこで今回は、調味料を選ぶポイントと調味料を減らすテクニックをご紹介します。

関連リンク

・えっ、こんなに簡単なの?気軽に「薬膳」を取り入れられる3つの方法
・いつもの食事にちょい足しするだけ!イライラ気分を和らげる簡単薬膳
・もぐもぐタイムにおすすめ!コンビニで入手可能な美食材を厳選紹介
調味料だってヘルシーに!選ぶ重要ポイントと減らす3つのテクニック

1:調味料には添加物がいっぱい

何気なく当たり前のように使っている調味料の原材料を、チェックしたことはありますか?きっと添加物だらけでゾッとしますよ。果糖ブドウ糖液糖、砂糖、合成人工甘味料など……。せっかく砂糖や加工食品を控えていても、使う調味料を間違えるとたくさんの添加物を体に入れてしまうことになるのです。

では、どんな調味料を選べばいいのでしょうか?

砂糖

2:原材料がシンプルな調味料をチョイス!

選び方は、とっても簡単です。それは原材料がシンプルなものを選ぶこと。加工品を購入するときと同じく、裏面表示を必ずチェックするようにしましょう。

例えば味噌や醤油。だし入りのものは楽ですが、他の余分なものも入っている商品が多いです。味噌なら大豆、米、食塩。醤油なら大豆、小麦、食塩というシンプルな原料で出来ているものを選びましょう。

手間がかかりすぎると続かないので、マヨネーズやケチャップくらいは常備しておいてもいいと思いますが、余裕があるときは手作りするとよりヘルシーですね。ドレッシングは添加物がたくさん入っているものが多いので、慎重に選びましょう。
ドレッシング

3:調味料を減らす3つのテクニック

・調理前に混ぜずに、調理後にかける
もちろん料理にもよりますが、例えばスクランブルエッグなどは、混ぜ込んでしまうとつい濃い味付けになりがち。完成後に上からかけることで、少量の調味料でも美味しく感じます。

・具材の間に挟んでよく混ぜ合わせる
前項と反対のようですが、例えばサラダなどにドレッシングをかける際はこちらが有効です。全部盛りつけた上からドレッシングをかけると、中の方に行き渡らず結果的にドバドバとかけすぎてしまいがちに。それより具材を小分けにして少量ずつドレッシングをかけよく混ぜ合わせることで、野菜にドレッシングが絡みやすくなるので、ドレッシングの量を減らせるのです。・「だし」をしっかりとる
うま味があれば、塩辛さや甘さが控えめでも十分美味しく感じます。かつお、昆布、煮干し、鳥ガラなどからだしをとりましょう。また、粉末状になったものにも無添加のものが売っているので、そちらも常備しておくと忙しいときに便利ですよ。

おわりに

ストイックになりすぎると食を楽しめないので、外食時などは気にせず満喫しましょう。その分日頃はなるべく余計なものを体に入れないように、工夫するといいと思います。

愛子
コラムニスト、モデル

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.