ビューティ情報『老け見え、怖見え防止!ナチュラル美人に見せる、35歳からのメイクのポイント7つ』

老け見え、怖見え防止!ナチュラル美人に見せる、35歳からのメイクのポイント7つ

2018年3月17日 21:50
 

年齢を重ねていくと、メイク技術も向上して知識も身につき、自分を綺麗に見せる方法をそれなりに身につけているもの。だからこそ、ここぞという時につい力んでしまい、きつそうに見えたり、近寄りがたい雰囲気を醸し出してしまったりして逆効果になってしまうことがあります。そのため、35歳からは特に肩の力を抜いて頑張りすぎない、作り込みすぎないといったことを心がけることが大切になってきます。そう、いい意味で「隙」を作るのがいいオンナのポイントに。そのため、今回は怖く見えたり、老けて見えないために抜け感を作ってナチュラルな美人に見せるメイクのポイントをご紹介します。

目次

・1.意志の強そうなオンナに見えがちな「濃い眉」は卒業する
・2.囲みアイライナーはもうやめよう
・3.4色パレットより単色、もしくは2色パレットでアイメイクする
・4.目元より口元を主役にしよう
・5.色選びは肌に透明感と明るさを与えられるかどうかを重視する
・6.流行してもマットなコスメは基本控える
・7.頬は骨格ではなく、血色とツヤ重視
・まとめ
老け見え、怖見え防止!ナチュラルな美人に見せる、35歳からのメイクのポイント7つ

1.意志の強そうなオンナに見えがちな「濃い眉」は卒業する

長年メイクしてきて、1番変えるのが難しいのが眉ではないでしょうか。ついつい、いつもと同じ太さ、長さ、形で描いてしまいがちですが、眉こそ流行を適度に取り入れなければ、古臭く見えてしまいます。

例えば、意志の強そうな印象を与える濃い眉は、顔にメリハリをつける反面、きつそうに見えたり、古臭い印象に見えてしまったりすることがあります。ペンシルタイプのアイブロウで眉を描くとそうなってしまう傾向があるので、眉を描く時にはパウダータイプのアイブロウで描くのがオススメです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.