ビューティ情報『春は“肝臓”が疲れやすい?イライラ・肩こりも解消する「春ヨガ」』

春は“肝臓”が疲れやすい?イライラ・肩こりも解消する「春ヨガ」

2018年3月26日 19:50
 

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。卒業、入学、新年度、新しい始まりや環境の変化がある春は、暖かくなりわくわくする分、心身に思いの外ストレスがかかっています。今回は、春に起こりやすい不調を東洋医学の経絡の考え方からひもときます。あなたの気になる春の体の不調を緩和するポイントとヨガをお伝え致します。

目次

・肝臓に負担がかかりやすい春
・経絡と春の体になるヨガ
・おわりに
春は肝臓が疲れやすい?!イライラ・肩こりも解消する春ヨガ

肝臓に負担がかかりやすい春

東洋医学では、春は肝臓に負担がかかりやすい季節と言われています(夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓)。

肝臓は、体内に入った食品などを代謝し、解毒・分解しますが、食べ過ぎ飲みすぎの他にもストレスによって、負担が大きくかかるのだそうです。

春に肝臓に負担をかける感情は「怒り」で、イライラは特に肝臓を痛めると同時に、肝臓が悪いとイライラしやすいと言われています(心臓は喜び、肺は憂い、腎臓は恐れの感情が過度になると負担がかかりやすい)。

また、肝臓と関わりの深い筋肉は肩で、肝臓の悪さと肩こりの状態も比例するとされています。
怒る

経絡と春の体になるヨガ

肝臓の働きに関連する気の流れのことを「肝の経絡」といい、ヨガは、ツボの集まりである経絡の巡りを良くします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.