ビューティ情報『たるんだ口元の「リフトアップ」方法とドライマウス対策』

たるんだ口元の「リフトアップ」方法とドライマウス対策

2018年4月7日 08:50
 

みなさん、こんにちは!美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。普段はデスクワークであまり話すことが少なく、無表情でパソコンに向かって仕事をしており、口元のたるみや口の渇きが気になることはありませんか?というわけで、今回は「口元をリフトアップする方法とドライマウス対策」について伝授します。

目次

・ドライマウス&口元がたるみやすい理由とは?
・ドライマウスを予防する健康習慣
・今日から実践!口元をリフトアップする方法
美容整体師が伝授!ドライマウス対策で口元をリフトアップする方法

◆ドライマウス&口元がたるみやすい理由とは?

まず、ドライマウスとは、唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥した状態のことです。ドライマウスになると、口の中がネバネバし、しゃべりづらくなる傾向があります。

デスクワークなどでドライマウスになりやすい理由は、無意識に口呼吸になり、唾液の分泌量が減ってしまうことが考えられます。

また、デスクワークの場合、顔の表情筋をあまり使わなくなり、あごの筋力が低下し、口周りがたるみやすくなるのです。
ドライマウス

◆ドライマウスを予防する健康習慣

口の中がさっぱりしていると、気持ちがいいですよね。簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ日常生活に取り入れてくださいね。

1.歯磨きした後に、緑茶で30秒うがいをしましょう。
緑茶の殺菌作用で、歯ぐきが引き締まる効果が期待できます。つまり口の中の雑菌の繁殖が抑えられて、口周りがむくみにくくなりますよ。

2.昆布など噛みごたえのあるものを食べましょう。
食事に時間をかけて、しっかりと噛むことで唾液の分泌量が増えやすくなります。唾液の分泌量が増えることで消化が良くなり、口の中が清潔になることで、肌質の改善にもつながりやすいですよ。

3.鼻呼吸を意識して行いましょう。
仕事中も口を閉じて、鼻呼吸を心がけることで、口周りの筋肉が引き締まりやすいですよ。口がポカンと開きやすい方は、加湿マスクをつけるのもオススメです。口の中の乾燥を防ぐとともに、お肌も潤いやすくなります。
鼻呼吸を意識して

◆今日から実践!口元をリフトアップする方法

1.口壁や歯ぐきを指の腹でマッサージしましょう。
唾液の分泌を促進へと導き、口周りのたるみの予防につながりますよ。

2.あごの下を親指で押しましょう。舌下腺(ぜっかせん)という唾液腺が刺激されて、唾液の量が増えやすいです。また、二重あごを防ぐ効果も期待できますよ。

3.舌を上下、左右に動かしましょう。
舌を動かすことで、口の中が潤いやすく、口角が上がりやすくなりますよ。

口元をリフトアップして、笑顔美人になりましょう。
たるんだ口元の「リフトアップ」方法とドライマウス対策

横内 稚乃
鍼灸師、整体師、エステティシャン

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.