ビューティ情報『もう間違えない!正しく「ヒップアップ」するピラティスエクササイズ』

2018年4月13日 20:50

もう間違えない!正しく「ヒップアップ」するピラティスエクササイズ

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。ヒップアップ(上がったお尻)というと、ファッション誌などの美しいモデルさんの立ち姿をイメージしていませんか?モデルさんは、服をきれいに見せるために、不自然な姿勢を取っていることも珍しくありません。それをヒップアップと思って真似ると、腰や背中を痛めることにもなりかねません。今回は、約100年の歴史があるピラティスのエクササイズで、正しい体の使い方でヒップアップをする方法をご紹介致します。

目次

・「腰を反る=ヒップアップ」ではない
・ピラティスは、ヒップの筋肉を正しく使ってつけることができる
・スイミングの脚エクササイズ
・横向き脚上げエクササイズ
・おわりに
これでもう間違えない!ピラティスで正しいヒップアップ!

「腰を反る=ヒップアップ」ではない

腰を反らせると、ヒップは上がったように見えますが、実はお尻やお腹の筋肉はゆるんでいます。

私たちの体の凹凸、メリハリは筋肉が土台となって作られるので、筋肉の力が抜けたままでいると、垂れ下がったメリハリのない体になってしまう可能性があるのです。

ピラティスは、ヒップの筋肉を正しく使ってつけることができる

ピラティスは、整形外科のリハビリにもそのエッセンスが用いられたり、プロスポーツ選手もメソッドを取り入れたりしています。

科学的・効果的な姿勢と筋肉の使い方を学ぶメソッドです。

ヒップアップなら、骨盤の位置を正しく整え、腰などを痛めないように、周辺の筋肉とのバランスを取りながら、ヒップのメリハリを作ることができるのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.