ビューティ情報『ストレッチで美しいくびれに。ウエストに効く「伸ばすピラティス」』

ストレッチで美しいくびれに。ウエストに効く「伸ばすピラティス」

2018年4月16日 20:50
 

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。ウエストのくびれを作るには、お腹を凹ませる腹筋を使ったり、激しい運動をするイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実は、ウエストのくびれは、ウエスト部分を縮めるのではなく、伸ばすことによって美しく現れます。今回は、ピラティスのメソッドを使った「伸ばすピラティス」ストレッチで、ウエストのくびれを作る方法をご紹介致します。

目次

・ウエストのくびれができやすい人と、できにくい人の差とは
・腹を伸ばすとウエストのくびれができやすい?
・ピラティスストレッチでウエストを美しくしよう
・おわりに
くびれを作るにはストレッチがいい?!ウエストにきくストレッチピラティス

ウエストのくびれができやすい人と、できにくい人の差とは

ウエストのくびれができやすい人とできにくい人がいます。それは、肋骨と腰骨の間の距離の違いです。

肋骨と腰骨の間の距離が短い(胴が短い人)は、ウエストのくびれができにくく、肋骨と腰骨の間の距離が長い人は、ウエストのくびれができやすいのです。

くびれは、肋骨と骨盤の間の部分にできますが、いくらお腹のサイドを引き締めても、肋骨と骨盤が接近していると、引っ込め幅に限界があります。

肋骨と骨盤の距離が離れている(胴が長い)と、その分筋肉でお腹を引っ込められる余裕の空間が大きいとも言えます。

腹を伸ばすとウエストのくびれができやすい?

太いうどん状の粘土を両端から引っ張ると細く薄くなるように、長さが伸びると同じものでも細く薄くなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.