ビューティ情報『誰にも気付かれない「むくみ解消運動」で美脚をつくる!』

誰にも気付かれない「むくみ解消運動」で美脚をつくる!

2018年3月31日 20:50
 

こんにちは!パーソナルトレーナーの中村和也です。一日中立ちっぱなしでいると、帰る頃には脚がパンパンにむくんで靴がキツくなったり、脚が重だるい感じになったりする経験がある方は多いと思います。家に帰ってお風呂あがりに一生懸命マッサージをしたり、皆さまそれぞれ努力をされていると思います。本日は、そんなやっかいな「むくみ」の簡単な解消方法をお教えします!

関連リンク

・眠れない時にオススメの飲み物。ホットミルクは本当に眠れるの?
・忙しくても美容ケアはできる!ながらエクササイズで美ボディを!
・【連載】 知らなきゃ損する4つの「保湿」の極意を全力解説!〜保湿ケア編〜
誰にも気付かれずに行なうむくみ解消運動で美脚効果

何故むくんでしまうのか?

むくみと聞くと、イメージする場所ナンバー1と言えば、皆さん口を揃えて言われるのが【下半身】です。

その中でも【ふくらはぎ】のむくみが気になると言われる方は非常に多いです。

では、なぜ下半身はむくみやすいのか。

それは、心臓から遠い位置にあるため血流が悪くなることと、重力の影響で水分が下に溜まりやすくなるからです。

重力の影響をうけると聞くと、立ちっぱなしの人の方がなりやすいのかと思うかもしれませんが、実はデスクワークの人にもよく見られます。ずっと同じ姿勢でいることで下半身の血流がわるくなり、脚の組織液(水分を含む血液やリンパ液など)の循環がわるくなり、血管やリンパ管から細胞のすきまに滲み出てしまい、水分が停滞してしまいます。
脚のむくみ

むくみを解消するためには

キーワードは、【筋肉】です。

下半身の筋肉(特にふくらはぎ)には、血液を心臓に戻すポンプの役割があります。これを、【筋ポンプ作用】と呼びます。座りっぱなしや立ちっぱなしで、この筋ポンプ作用がうまく使えていないと、脚の水分がうまく代謝されず下半身に滲み出てしまいます。

溜まってしまった水分をちゃんと回収するためには、下半身、特にふくらはぎの運動を行なう事が大切になります。

本日は、そのむくみ解消エクササイズをご紹介いたします。

《むくみ解消エクササイズ

■開始姿勢
・背筋を伸ばし頭から踵が一直線になるように立つ

※足の横幅は、おおよそ足一個分空けて立ちます

エクササイズ方法
1、踵を上げ爪先立ちになる
※ふくらはぎの筋肉は縮こまっていくのを意識
2、ゆっくり踵を下げていく
3、踵が床に着く手前でまた上げていく
4、繰り返します

■目安
20回×1セット ×毎日

ふくらはぎは比較的疲労の回復が早い筋肉と言われております。無理のない範囲でこまめに行なえると、日頃からのむくみの予防に効果的かと思いますので、むくむが気になる方は是非習慣にしてみてください^^

中村 和也
パーソナルトレーナー

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.