ビューティ情報『【春の心を整えるヨガ】眠くてだるさがある時のポーズ3つ』

【春の心を整えるヨガ】眠くてだるさがある時のポーズ3つ

2018年4月2日 11:50
 

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。春になると、体がだるくなったり、眠くなって動くのが億劫になったりする方もいるのではないでしょうか。気候も環境も変化が大きいため、その変化についていくのが難しく感じられたり。今回は、そんな心身の調子を軽やかに整えるヨガをご紹介いたします。

目次

・春の心身の重さとアーユルヴェーダ
・反り系のポーズでバランスを整えよう
・ネコの伸びのポーズ
・魚のポーズ
・コブラのポーズ
・おわりに
春の心を整えるヨガ~こだわりが強く、だるさがある時には~

春の心身の重さとアーユルヴェーダ

春に眠気を感じたり、花粉症や風邪などで体がだるく重かったりと、鼻~胸周りにかけて、重たさを感じやすくなるのが、インドの伝統生命学アーユルヴェーダでいう「カパ」の過剰の状態です。

アーユルヴェーダによると、心身の3つの性質(ヴァータ=風、ピッタ=火、カパ=水・土)のバランスが崩れた時に不調が起こりやすくなります。

カパの重たくどっしりとした性質が過剰になると、食べ過ぎや運動不足、消極的になってコミュニケーションが不足し、自分の考えに固執しやすくなることがあります。
春の心身の重さ

反り系のポーズでバランスを整えよう

そんなおっくうでこだわりが強くなった心身を軽やかに整えるのは、反り(後屈)系のヨガポーズです。

肩を丸めて胸をすぼませると呼吸が浅くなり、自分の世界に閉じこもりがちになりますが、胸を開いて背骨を反る方向にしならせていくと、心の世界も視界も広がります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.