ビューティ情報『体の中からエイジングケア!巡りの良い体をつくるヨガポーズ』

体の中からエイジングケア!巡りの良い体をつくるヨガポーズ

2018年4月16日 08:50
 

こんにちは、コラムニストの愛子です。今回ご紹介するポーズはちょっと難しいかも?ヨガに少し慣れてきて、新しいポーズにチャレンジしたいな~と思っている方にはピッタリだと思います。内臓の働きを活性化して血行を促進する効果が期待できるこのポーズ、ぜひ試してみてください!

目次

・チャクラ・アーサナ
・注意点
・期待できる効果
・おわりに
【ヨガ】体の中からアンチエイジング!巡りの良い体をつくるチャクラ・アーサナ

チャクラ・アーサナ

チャクラには「輪」という意味があります。ポーズを完成させる一連の動きが輪のようになるので名づけられました。

(1)仰向けに寝る。手の平を上向きにして両腕を頭上に伸ばす。

(2)息を吐きながら両足を持ち上げ頭上へ移動させて、つま先を床につける。難しい場合は両手を腰に添えて行う。3呼吸キープ。

(3)指先が足と反対方向に向くように、手の平をそれぞれの耳と肩の間辺りに置き、肘を曲げる。
チャクラ・アーサナ

(4)息を吸ってお腹を引き締める。
(5)息を吐きながら手の平で床を押し、頭頂部を床につけたまま画像1、画像2のように順に首、肩を持ち上げていく。

■画像1
チャクラ・アーサナ

■画像2
チャクラ・アーサナ

(6)息を吸ってお腹を引き締める。

(7)息を吐きながら肘を伸ばし、ダウンドック(アドー・ムカ・シュワーナ・アーサナ)に移りリラックスする。3~5呼吸を目安にキープ。
チャクラ・アーサナ

(8)両ひざ、足の甲の順で床につけ、お尻を踵に乗せて(チャイルドポーズ)、体を休める。

注意点

・首を痛めている場合は無理に行わないようにしましょう。

・ポーズ中は首を左右に動かさないように気を付けましょう。痛めてしまう恐れがあります。

・とりなれた他のヨガポーズで、十分に体をほぐしてから行いましょう。

期待できる効果

・内臓の働きを活性化する。
・血行を促進する。
・背骨の調子を整え若返らせる。

おわりに

体が硬いと、(3)の状態ですでにキツイかもしれません。もしそんな場合は無理して行わず、とりやすいヨガポーズや、お風呂上りのストレッチなどを継続し、(3)の状態がキツくなくなったら次のステップに進んでみましょう♪
体の中からエイジングケア!巡りの良い体をつくるヨガポーズ

愛子
コラムニスト、モデル

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.