ビューティ情報『「老け目元」を解消!クマのタイプ別ケア法&マッサージ法』

「老け目元」を解消!クマのタイプ別ケア法&マッサージ法

2018年4月26日 07:50
 

メイクを落とした時やメイク前にふと鏡を見ると、気になるのが目元のクマ。一気に疲れた印象や老けたような印象に見えてしまいますよね。スマートフォンやパソコンによる目の疲れや元々クマが目立ちやすいなど理由もさまざま。そこで、クマの色味によってのせるコンシーラーと目元ケアの方法をご紹介します。

関連リンク

・太る姿勢していませんか?見た目がグッと若返る「○○○」矯正方法
・アキュビュー(R) ディファイン(R)に新デザイン登場!山本美月さん・TWICE出演WEB限定ムービーも公開中
・【ハイトーン初心者でも取り入れられる】気分が上がる夏のハイトーンカラー☆2018
あなたのクマは何色?クマの色味によってのせるコンシーラーと目元ケアの方法をエステティシャンが伝授!

■目元ケアで覚えておきたいこと

クマだけではなく、シワやたるみなど様々なお悩みが出やすい目元。そんな目元のお悩みを増やさないために覚えておきたいことをご紹介します。

(1)目元には化粧水や美容液、アイクリームなどでたっぷり保湿。
目元は皮脂の分泌量が少なく、水分を保持しにくい場所なので、乾燥によるダメージを受けやすい場所。乾燥が進行すると小ジワが目立つ、カサカサするといった状態がおきやすくなるので、化粧水をたっぷりなじませてから、美容液やアイクリームなどをなじませて保湿しましょう。

(2)アイメイクの洗い残しはしない、摩擦しない。
マスカラやアイライナーなど汗や涙に強いのは重宝しますが、クレンジングで落としきれていない、強くゴシゴシこすっているなんてことはありませんか?目元の皮膚はとても薄いので摩擦は乾燥やシワの原因になり、メイクの洗い残しは色素沈着やシミの原因になりますので、アイメイク専用のクレンジングやクレンジングをたっぷりとり、浮かせながら丁寧に洗い流しましょう。
目元の保湿

■あなたのクマは何色?何色のコンシーラーが正解?

・目の下を引っ張ると血液が透けて見え、青黒く見える「青クマ
青クマの方は、年齢とともに目元の皮膚が薄くなり目立っている場合や、子供の時から青クマがあるという場合もあります。冷え性が続いたり、寝不足が続くとより色味が濃くなる恐れがあるので、体を温めて規則正しい生活を心がけましょう。

オレンジ系やピンク系のコンシーラーをクマの部分に乗せてなじませてからファンデーションを重ねましょう。

・目の下のシミやくすみが集まったようなくすんだ「茶クマ」
アイライナーやアイシャドウ、マスカラなどのメイクの洗い残しによる色素沈着や、目元をよくこすったり、摩擦が多いと茶クマが出来やすくなります。メイクをきちんと落とし、化粧水や美容液でたっぷりと保湿を心がけましょう。イエロー系のコンシーラーをクマの部分になじませてからファンデーションを重ねましょう。

■スキンケアしながら出来る目元マッサージ

お風呂上がりのスキンケア、目元にたっぷりと化粧水、美容液、アイクリームなどをなじませた後におこなう目元マッサージ。目元マッサージをおこなうことで目の周りの血行が促進されるのでオススメです。

(1)目頭の少し上、眉頭の少し下のくぼみをグッと気持ちいい強さで3秒×3回押しましょう。

目元マッサージ

(2)眉毛の真ん中部分を、グッと気持ちいい強さで3秒×3回押しましょう。
目元マッサージ

(3)眉毛の外側にあるこめかみ部分を、グッと気持ちいい強さで3秒×3回押しましょう。
目元マッサージ

(4)目の下は人差し指、中指、薬指を沿わせてピアノを弾くようにトントントンと優しく叩きます。
目元マッサージ

このように気になる目元のクマを悪化させないために、日頃から目元の保湿ケアや乾燥対策はもちろんのこと、血行促進を促すマッサージをおこない、寝る前にアイマスクなどをつけるなど目の周りの血流をアップさせましょう。疲れた印象や老けた印象を与えない目元作りをしてみませんか?
「老け目元」を解消!クマのタイプ別ケア法&マッサージ法

寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.