ビューティ情報『紫外線が強くなる5月。シミ予防に食べて欲しい野菜3つ』

紫外線が強くなる5月。シミ予防に食べて欲しい野菜3つ

2018年5月17日 21:50
 

5月に入ると紫外線の量も増加。気持ちの良い気候で、外を歩く時間が多くなり、意識せずに太陽の陽を浴びる機会が増えてしまいます。日焼けした肌は新陳代謝のリズムを乱して、シミを作りやすくします。そこで今日は、シミを薄くする栄養素をご紹介したいと思います。

目次

・1.ビタミンCを多く含む赤いピーマン
・2.ビタミンAを多く含むニンジン
・3.ビタミンEを多く含むカボチャ
紫外線が強くなる5月。シミ予防に食べて欲しい野菜3つ

1.ビタミンCを多く含む赤いピーマン

緑だけでなく、カラフル色があるピーマン。その中で赤い色のピーマンが、一番ビタミンCを多く含んでいます。ビタミンCはシミの元になるメラニンの生成を抑える働きがあります。

それだけでなく、肌の新陳代謝をアップさせ、メラニン色素を排出する作用もあります。シミ予防には欠かせない栄養素ですね。その他には、菜の花やネーブルオレンジなどにも多く含まれます。

2.ビタミンAを多く含むニンジン

ニンジンは特有の匂いがあるので、苦手という方も多いのではないでしょうか。でもニンジンに含まれるビタミンAには、皮膚を丈夫にする働きがあります。肌の乾燥も防いでくれる働きがあるうれしい栄養素。肌を正常に戻すためにも食べて欲しい野菜です。

他には小松菜、青梗菜、大根の葉などにもビタミンAは含まれています。積極的に食べてくださいね。
ニンジン

3.ビタミンEを多く含むカボチャ

カボチャはビタミンEを含有。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.