ビューティ情報『お肌の曲がり角?アラサーから気をつけておくべきビューティケアとは』

お肌の曲がり角?アラサーから気をつけておくべきビューティケアとは

2018年6月14日 07:50
 

数年前に比べてなんとなく、お肌の質の変化を感じ始めるのが30代前後。今までのスキンケアでは何か足りないような気もするし、どういったビューティケアを取り入れるべきなのか、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はエステティシャンである筆者がアラサーから意識する、ビューティケアをご紹介します。

目次

・乾燥やテカリ、お肌の質の変化には化粧水の量を増やす
・夜のスキンケアにはオイルをプラス
・紫外線対策とアフターケアはセットでおこなう
お肌の曲がり角?アラサーから気をつけておくべきビューティケアとは?

■乾燥やテカリ、お肌の質の変化には化粧水の量を増やす

「乾燥して皮がめくれる‥」「鼻やおでこだけがテカる」「ハリや潤いが減ってきた‥」これらの乾燥やテカリ、潤い不足のサインこそ、お肌の水分量が足りてないということ。年齢とともにお肌の水分量を維持することが難しくなったり、お肌の水分がどんどん奪われることでインナードライが起こり肌表面は乾燥し、お肌を守ろうと皮脂が過剰分泌することでテカリがおきます。まずは、洗顔後の化粧水の量を見直してみましょう。

1:たっぷりと手に取り、お顔全体になじませましょう。
2:コットンに化粧水を含ませて、優しく重ねるようになじませます。
3:さらにコットンに化粧水を取り、優しくポンポンと押さえるようにパッティングしましょう。
化粧水をお肌に浸透させるには、たくさんの量をバシャっとつけるのではなく、重ねるようになじませていくことがポイントです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.