ビューティ情報『自慢のプリッとヒップに♡エステティシャンが教える美尻キープ習慣』

自慢のプリッとヒップに♡エステティシャンが教える美尻キープ習慣

2018年7月13日 19:50
 

鏡で後ろ姿や横からの姿を確認した時にお尻が大きくて垂れ下がっているなあ‥と感じたことはありませんか?日本人の体型的にお尻に脂肪がつきやすく、なおかつ落ちにくい部分ですよね。ダイエットをしてもお尻のボリュームは変わらない‥という声も。今回はエステティシャンである筆者が美尻キープ法をご紹介します。

目次

・正しい姿勢での立ち方、座り方を習慣にする
・歩く時は大股で、階段はかかとをつけて太もも裏の筋肉を意識してヒップアップエクササイズ
キュッと上がった自信のあるお尻に憧れる!エステティシャンが教える美尻キープ法とは?

■正しい姿勢での立ち方、座り方を習慣にする

日頃の立ち方や座り方はどうでしょうか?この時の姿勢が悪いと、体の中心の奥深くにある筋肉であるインナーマッスルが乱れ、骨盤の開きや体の歪みによって、余計な脂肪を溜め込みやすい体になってしまう恐れがあります。立ち方や座り方を正しい姿勢にして、インナーマッスルを整えておくことがポイントです。

【正しい立ち方、座り方】
・肩甲骨を少し後ろに引き、背中をまっすぐに伸ばして肩の力は抜きましょう。
・お腹の奥の筋肉をグッと引き締めてキープしましょう。
・あごを引いて首を伸ばすようにし、目線の位置を高くしましょう。
・座る時は少し浅めに座り、骨盤を立てるように背筋を伸ばしましょう。

日頃から猫背になっていたり、背もたれにもたれる、足を組んだり、内股気味の方は意識して姿勢を整える習慣にしましょう。

座り方

■歩く時は大股で、階段はかかとをつけて太もも裏の筋肉を意識してヒップアップエクササイズ

お尻の筋肉や太ももの裏側の筋肉を鍛えることで、ヒップアップに効果的です!

ヒップアップエクササイズ
(1)足を肩幅より少し広げて立ち、骨盤を回すようにゆっくり回しましょう
(2)右に30回、左に30回回しましょう
(3)足を肩幅より少し広げて立ったまま、足先を外に向けてゆっくりと20秒ほど時間をかけながら背筋を伸ばしたまま腰を下ろしましょう。
(4)20秒かけてゆっくりと元に戻しましょう。
(5)(1)~(4)のセットを3回繰り返しおこないましょう。

お風呂上がりにスリミングクリームなどをヒップに塗ることで、血行促進や脂肪燃焼効果もあります。さらにエクササイズを取り入れてお尻の筋肉を整えるといいですね。

エクササイズやジムで鍛えることはもちろんですが、毎日歩く時は少し大股で、太ももの筋肉を意識して動かすこと、階段で足全体の筋肉を動かすことが最大のポイントです。
ヒップアップエクササイズ

日中は立ち方や座り方の姿勢を意識し、夜にマッサージやエクササイズをおこないヒップアップ習慣を取り入れてみましょう。ヒップは地道に続けることがコツ。いつまでも後ろ姿美人、美尻をキープしませんか?
自慢のプリッとヒップに♡エステティシャンが教える美尻キープ習慣

寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.