ビューティ情報『便秘・冷えのもと!「内臓の血行」を良くする呼吸法』

便秘・冷えのもと!「内臓の血行」を良くする呼吸法

2018年9月17日 21:50
 

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。皆さんは今、呼吸の速さや深さはどうなっていますか?普段は無意識で呼吸をしているので、呼吸が浅くなっていても気づきません。夢中でスマホを見ていたり、仕事をしている時などは特に、ほとんど呼吸をしていないことに気づいた方もいるのではないでしょうか。実は呼吸とお腹の冷えや不調には、大きな関係があります。今回は、呼吸法を通して内臓を動かし、血行を良くする方法をご紹介いたします。

目次

・浅い呼吸と深い呼吸
・呼吸は、身体を浄化する
・腹式呼吸
・逆腹式呼吸
・おわりに
便秘・冷えのもと!「内臓の血行」を良くする呼吸法

浅い呼吸と深い呼吸

普段は呼吸を無意識でも行えるので、あまり筋肉を使っているとか、努力をしているという感覚はありませんね。ですが、激しい運動をした時などは、息が切れるので、呼吸をするためにハーハーと努力をします。

浅い呼吸は、無意識でもできる努力なしの呼吸
深い呼吸は、意識して行う努力性の呼吸
起きている時の呼吸は、そう言いかえることもできます。

浅い呼吸は、横隔膜の動きが小さいので、横隔膜の下にある内臓はあまり動きません。深い呼吸は、横隔膜の動きが大きく、お腹周りの筋肉も使うので、内臓が動いてマッサージされます。
呼吸

呼吸は、身体を浄化する

呼吸をするために使われる筋肉は体幹に集中していますが、体幹には内臓が収まっているので、内臓の位置が下がらないようにキープしてくれてもいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.