ビューティ情報『紫外線ダメージの正体とは?』

2019年5月27日 15:01

紫外線ダメージの正体とは?

《髪にとっても大敵》

夏日を記録するなど、だんだんと暖かくなり過ごしやすくなってきました。
しかしこれからの季節、肌だけでなく髪にとっての大敵が現れます!

勘のいい人はすでにピンときているのではないでしょうか?

目次

・《髪にとっても大敵》
・《なんで紫外線は良くないの?》
・《さらに・・・》
・《そんな事言ってもどーすればいいの?》
・《紫外線対策特化ケア、デイライトのすすめ》
・《最高の季節にする為に》

実感している!なんて方もいるかもしれません。
そうです、それは【紫外線】です。

《なんで紫外線は良くないの?》

外出して紫外線を浴びると、体内で活性酸素が作られます。
活性酸素とは体の細胞を老化(酸化)させるもので肌にシミを作ったり、
たるみの原因にもなります。

髪が紫外線を浴びると髪の主成分でもあるケラチンタンパク質や、
メラニン色素に影響を与えてダメージが進行したり、カラーの退色が早まるなど
悪影響を及ぼします。

《さらに・・・》

そんな肌にも髪のも悪さをする紫外線が年間を通して一番強くなるのが、
5月〜9月までの約5ヶ月間だと言われています。

長い…

もちろん、1年間を通して対策が必要ですが、特に今の季節!!
強くなる今が要注意です!

《そんな事言ってもどーすればいいの?》

髪や頭皮にとっても大敵であるこの紫外線から守るにはどうしたらいいのか。

そこで僕がお勧めするのがaujuaシリーズの紫外線ダメージから髪を守ることに特化した
DAYLIGHT(デイライト)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.