ビューティ情報『【江連】ポイントの高さで変わる印象の違い』

2021年2月15日 17:53

【江連】ポイントの高さで変わる印象の違い

後頭部のポイントとは?

後頭部のポイントの高さとは、横から見た時に一番高くなっているところのことを言います。これが高めか低めかで印象が異なります。

ポイント高め

いわゆる「ショート」といえばこれ!ポイントが高いことで襟足をスッキリ見せて、綺麗なシルエットのショートヘアになります。

30代40代 上品大人のひし形ショート

目次

・後頭部のポイントとは?
・ポイント高め
・高過ぎず低すぎず中間くらい
・ポイント低め
【江連】ポイントの高さで変わる印象の違い


大人可愛いひし形ショート。
甘くなりすぎずに上品で大人っぽい印象のショートにしています。
カラーは10トーンのショコラベージュで、透け感があり柔らかい色味に仕上げています。
髪が直毛の方は毛先にパーマをかけるとスタイリングが簡単になります。

30代40代 上品大人のひし形ショートを見る

30代40代/小顔丸みショート

【江連】ポイントの高さで変わる印象の違い


大人耳掛け丸みショート。
耳にかけられる長さで、短くしているので、耳が出るショートでも挑戦しやす長さです。
後頭部を丸くして、首もほっそり小顔効果もあります。
カラーは10トーンのアッシュベージュで明るいけど艶感もある色味にしています。

30代40代/小顔丸みショートを見る

高過ぎず低すぎず中間くらい

ショートボブと言われる長さだと後頭部のポイントは高すぎない方が良いでしょう!ポイントが高いのは急激な前下がりになってしまうのでNGです!

大人可愛いショートボブ/アッシュベージュ

【江連】ポイントの高さで変わる印象の違い


大人で上品な印象のショートボブです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.