ビューティ情報『【医師に聞く】帯状疱疹は早期発見が鍵!初期症状と治療法~予防法』

【医師に聞く】帯状疱疹は早期発見が鍵!初期症状と治療法~予防法

2018年2月12日 10:00
 

身近に潜む帯状疱疹を詳しく解説 渡邊千春先生


帯状疱疹かな?|注意すべき初期症状

【医師に聞く】帯状疱疹は早期発見が鍵!初期症状と治療法~予防法


帯状疱疹は放置すると悪化したり後遺症が残ったりするケースがあるので、早めの受診が大切と聞きました。ですが、初期の症状では、汗などでできてしまう一般的な発疹と見極めるのは難しいように思います。帯状疱疹と分かる特徴的な初期症状とはどのようなものですか。

「帯状疱疹の初期症状には、いろいろなものがあるのですが、代表的なものを挙げてみましょう。

■皮膚に痛みや痒みといった違和感が続く
■目や肌がヒリヒリ・チクチクする
■頭痛が続く、ボンヤリする
■赤みや疱疹(ほうしん:水ぶくれのような発疹が集まっている状態)が見られるなど

帯状疱疹は、『早めに抗ウイルス薬を服用する』ことが治療の重要な鍵です。仕事や学業、子育てなどですぐに病院に行くことは難しいかもしれませんが、『今まで感じたことのないような痛み』や『皮膚の違和感』を感じたらなるべく早急に受診するようにしましょう。

また、皮膚をよく観察して、『赤い発疹』や『水ぶくれ』があるようなら帯状疱疹である可能性が非常に高いです。その際、市販の痛み止めなどで痛みを抑えていると、症状が悪化しかねません。初期の段階で治療を受ければ経過も良く、短期間での回復を期待することができ、なおかつ合併症のリスクも少ないので、早めに受診することが大切です」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.