ビューティ情報『冷え性の方必見!体の芯まで温まるお風呂の入り方をマスターしよう』

冷え性の方必見!体の芯まで温まるお風呂の入り方をマスターしよう

2018年2月10日 18:00
 

体の芯まで温まるお風呂の入り方

冷え性の方必見!体の芯まで温まるお風呂の入り方をマスターしよう


体を芯まで温めるには入浴時間と温度が大切です。

40度以下のお湯に30分浸かりましょう。そんなに時間が取れないという場合は、41度のお湯で15分、42度のお湯で10分は浸かりましょう。お風呂上がりには足の爪先に10秒ほどシャワーで冷水をかけると温かさが閉じ込められますよ。寝るまでの間は、モコモコの靴下などで足を冷やさないようにしましょう。

お風呂に入れると温まるものとは?

冷え性の方必見!体の芯まで温まるお風呂の入り方をマスターしよう


◎みかんの皮
冬至にゆずを入れることがありますが、馴染み深いみかんでも代用できます。ゆずやみかんをそのまま入れる方法もありますが、やはり食べたいですよね。そんな時は皮を使いましょう。みかんにはビタミンCやクエン酸が含まれているのでお肌にも良いと言われています。皮には血の巡りを良くし、体を温めてくれる作用が期待できるんだとか。みかんを食べた際は皮を取っておきましょう。

ーみかんの皮風呂のやり方ー
・みかんの皮 2〜3個分
・キッチンペーパー
・水切りネットや使わなくなったストッキングなど

みかんの皮をキッチンペーパーに重ならないように並べ、500wの電子レンジで30秒温めます。一度取り出し裏返したら、さらに30秒温めます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.