ビューティ情報『”ぽっこりお腹”を和らげる腸リラクゼーションのやり方について』

”ぽっこりお腹”を和らげる腸リラクゼーションのやり方について

2018年2月19日 10:00
 

ぽっこりお腹の原因はストレスから!?〜腸リラクゼーションのやり方〜

関連リンク

・朝食のスムージーはダメ!? 朝弱くても「午前中からバリバリ仕事」のコツ
・女性ホルモンの分泌を促すおすすめのサプリメントについて!
・食べなきゃ損♡旬の「さくらんぼ」でストレスケアに紫外線対策!
”ぽっこりお腹”を和らげる腸リラクゼーションのやり方について


いつも時間や仕事へのプレッシャーに追われてはいませんか?慢性的にストレスフルな状態が続いてしまうとやがてお腹を攻撃するようになると言われています。腸と脳は機能的に繋がっていることから、イライラやストレスの感情によって自律神経が乱れ、腸が過敏に反応したり痙攣を起こしたりするため、下痢・便秘を引き起こしやすくなります。
さらには、ストレスホルモンの影響により腸内の悪玉菌が増加し、お腹全体にガスが溜まった「ぽっこりお腹」になる可能性も…!腸リラクゼーションによって日常的なストレスを和らげ、理想とするくびれBODYをゲットしていきましょう!

<腸リラクゼーションのやり方>
【アロマバス】ゆずやゼラニウムなどの精油には、自律神経の乱れを整える作用があると言われています。バスタブの中に入れ、香りをゆっくりと楽しみましょう!そのまま入れても構いませんが、天然塩とブレンドすることでデトックス効果などにも期待できます。

【お腹を温める】おへそを中心にホットタオル、もしくは使い捨てのカイロでお腹を温めることで、お腹のガスをスムーズに排出できると言われています。普段からお腹の冷えに悩まされている方は、おへその裏側の背骨付近も一緒に温めることをおすすめします。

ぽっこりお腹におすすめの食事内容は?

”ぽっこりお腹”を和らげる腸リラクゼーションのやり方について


ぽっこりお腹は常に過敏な状態が続いているため、刺激が強いものや硬いものを食べてしまうと悪玉菌が増加し、腸内ガスが更に発生しやすくなります。対策としてはお腹に優しい水溶性食物繊維を取り入れた食事内容がおすすめです。

<〜ぽっこりお腹におすすめのレシピ〜山芋となめこのあったかトロロ蕎麦>
【材料1】
・山芋10cm
・なめこ1/2パック
・オクラ2本
・蕎麦1袋分
・刻み海苔適量

【材料2】
・鰹出汁300cc
・だしの素小さじ1/2
・酒大さじ1/2
・みりん大さじ1/2
・醤油大さじ1
・塩適量

【作り方】
1.オクラは軽く塩もみし、水洗いしたら薄切りにカットします。山芋はすりおろしておきましょう。
2.鍋に材料2を全て合わせ、加熱します。3.沸騰したらなめこ・事前に下茹でしておいた蕎麦を投入し、1分半加熱します。
4.どんぶりに3を入れ、山芋・オクラ・刻み海苔をトッピングして完成です。

いかがでしたか?ダイエットや体型維持と合わせて健康管理のためにも是非参考にしてみてくださいね。

Profile

■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.