ビューティ情報『カサカサ唇に潤いを!「はちみつ」の効果を活かしたリップケア』

カサカサ唇に潤いを!「はちみつ」の効果を活かしたリップケア

2018年2月15日 10:00
 

乾燥で荒れやすい唇に!「はちみつ」の持つパワーとは?

関連リンク

・荒れないリップが知りたい!スキンケアブランドのおすすめリップ4選
・RMK"セクシーな眼差し”を作る4色パープル アイシャドウ、伊勢丹新宿店限定で
・二度見される女性になる!「可愛い」がアップするヘアケアアイテム
カサカサ唇に潤いを!「はちみつ」の効果を活かしたリップケア


顔の中でも注目されやすい「唇」。冬は空気が乾燥するので、唇も荒れやすくなりますよね。

唇は皮膚がとても薄く、あまり水分を溜めておくことが出来ません。また、よく動く部分であることに加え、他の肌のように毛穴がなく、皮脂や汗を分泌する機能がない為、潤いを保ちにくく、乾燥しやすいパーツだと言われています。外的刺激も受けやすいので、油断するとすぐにカサカサになってしまいます。

そんな、カサカサ唇の救世主となってくれるのが「はちみつ」を使ったリップケアです。健康にも良いとされるはちみつですが、ミネラルやビタミン類・アミノ酸などが豊富に含まれているので、荒れた唇に効果的な、以下の効果があるとされます。
■保湿効果
■殺菌・消炎作用
■軽いピーリング効果など

リップケアと言うと、リップクリームを思い浮かべるかもしれませんが、リップクリームは基本的には唇を保湿する為のものです。荒れてしまった唇にリップクリームを塗っても、改善効果がみられない場合がありますが、はちみつには抗菌・消炎作用があるので、荒れた唇にも効果が期待出来るというわけなんです。

「はちみつ」を使ってリップケア!やり方と注意点について

カサカサ唇に潤いを!「はちみつ」の効果を活かしたリップケア


はちみつの性質を利用した、「はちみつパック」のやり方についてご紹介します。

【用意するもの】
・はちみつ
・木製のスプーン
・ラップ
・蒸しタオル
・ワセリン
・小さめの容器

【やり方】
(1)蒸しタオルを用意し、唇にあてて、数分温める
(2)容器に、はちみつとワセリンを1:1の割合で入れ、混ぜ合わせる
(3)混ぜ合わせたものを、唇にたっぷり塗る(唇からはみ出すくらいでOK
(4)ラップで唇を覆い、5~10分程放置する
(5)ラップを外したら、優しくふき取る(ぬるま湯で洗い流してもOK
(6)ワセリンやリップクリームで保湿してあげる

【注意点】
■はちみつでアレルギーを起こす方がいるので、事前にパッチテストを行うと安心です。
■ラップでのパックは、長時間行うと負担になってしまう為、10分以上は行わない。
■刺激や異変を感じた際は、すぐに中止する。■はちみつは、金属に触れると化学反応が起き、はちみつの力が弱まる可能性がある為、「木製」のスプーンを使うようにしてください。
■はちみつを選ぶ際は、余計なものが入っていない「非加熱」のものがオススメ。

ワセリンの代わりに、オリーブオイルやココナッツオイルを使用してもOKです。

すぐに効果を実感出来る「はちみつ」を使ったリップケア。手軽に行うことが出来るので、カサカサ唇が気になった時は、ぜひ行ってみてくださいね!

※当記事はライターの体験や知見を参考にした情報です。個人によりその効果は異なります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.