ビューティ情報『ほうれい線を予防する!基礎化粧品と食事でおこなうセルフケア』

ほうれい線を予防する!基礎化粧品と食事でおこなうセルフケア

2018年4月2日 10:00
 

加齢による、ほうれい線のケア方法高瀬聡子先生


ほうれい線予防のために知りたいメカニズム

ほうれい線を予防する!基礎化粧品と食事でおこなうセルフケア


高瀬先生によると、ほうれい線ができる原因は「加齢による乾燥とたるみ」だそう。

「まず、加齢によって肌表面にある表皮が水分を保持する力を失い、乾燥しやすくなります。たるみの原因はふたつあり、まず表皮の下にある真皮を支えるコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少し、肌のハリが損なわれること。さらに表皮と真皮の連結が弱まることで、肌が重力に抗えず、下に垂れてしまうこと。いずれも加齢による現象です」

さらに年齢を重ねるにつれ、真皮の下にある脂肪細胞、筋肉、骨までもが衰え、それぞれの連結のズレが大きくなって、肌のたるみが進んでいくそうです。

「脂肪細胞や骨の老化を自分で防ぐことは難しいのですが、クリームやパックを用いて、表皮の乾燥を防ぎ、真皮の老化をやわらげることはできます。また、筋肉を鍛えることも大切ですね。大きく口を開けて話したり、よく笑ったりして表情筋を鍛えましょう。とくに、目の下にある頬筋は鍛えにくい箇所ですが、意識して動かすとリフトアップにつながりますよ」

表皮をケアして乾燥を防ぎ、ほうれい線対策を!

ほうれい線を予防する!基礎化粧品と食事でおこなうセルフケア


では、表皮の乾燥を防ぐためには、どのようなケアをおこなえばよいでしょうか?

「表皮の乾燥は、加齢によってターンオーバーの力が弱まることで、水分を保持する力が衰えることから進みます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.