ビューティ情報『美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ』

美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ

2018年4月9日 10:00
 

関連リンク

・ダイエットだけじゃない!?「美肌になれる」筋トレのポイント
・プロが伝授!美肌になるためのスキンケア基本
・肌の乾燥はセラミド不足が原因だった!?セラミド配合のプチプラ保湿アイテム9選
加齢による、ほうれい線のケア方法高瀬聡子先生


ほうれい線を予防するには筋肉を鍛えることも大切

美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ


そもそも、なぜ加齢によって、ほうれい線ができてしまうのでしょうか?

「ほうれい線は、さまざまな原因が複合的に重なってできます。すべて、加齢によって生じる現象なのですが、まず肌表面にある表皮が乾燥すること。また、その下にある真皮を支える成分が減少し、肌がハリを失うこと。そして、表皮と真皮の結びつきが弱くなるため、肌が重力に負けて垂れ下がってしまいます。

さらに、真皮の下にある脂肪細胞や筋肉、骨も年齢とともに衰えていきます。表皮は真皮と、真皮は脂肪細胞と、脂肪細胞は筋肉と、筋肉は骨と連結しているため、それぞれが衰えることで連結にズレが生じ、皮膚が余ってたるんでいくのです」(高瀬先生)

脂肪細胞や骨の老化は自分で防げないものの、保湿で表皮の乾燥を防いだり、きちんと基礎化粧品でケアすることで真皮の老化をやわらげたりと、工夫することはできるそう。

「セルフケアとして、ぜひ取り入れたいのが顔の筋肉を鍛えることです。加齢によって筋肉のボリュームが少なくなることを防ぐには、子どものとき以上にしっかりと顔の筋肉を動かすこと!効果的に動かせば、筋肉がついてリフトアップ効果がありますよ」(高瀬先生)

肌の柔軟性を高めて、ほうれい線ケアの効率アップ

美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ


顔の筋肉を鍛えるために、まず何からすればよいでしょうか?

「まず、表皮の乾燥によって、肌表面の柔軟性が損なわれていますので、軽いリンパマッサージで柔軟性を高めましょう。ほうれい線を引き上げるようにして、下から上へ、耳の前まで優しくマッサージします。このとき、力を入れるとかえって皮膚がたるむので、ソフトタッチを心がけましょう。マッサージクリームを使うのもおすすめです」(高瀬先生)

さらに、高瀬先生によると「口の内側から、舌でほうれい線のあたりを触って刺激するのも、柔軟性を高めるのに効果的です。ほうれい線を伸ばすように、舌で押し上げてみてください」とのこと!

頬筋を鍛えることで、ほうれい線をやわらげる

顔の筋肉を鍛えるということは、大きく口を開けて「あいうえお」と言ってみたり、普段から表情豊かに話したりする癖をつければ、よいのでしょうか?
「それももちろん効果的なのですが、顔の筋肉で一番鍛えたいのは、頬のところにある『頬筋』です。笑ったときに盛り上がる、頬骨のあたりにある筋肉です。普段、私たちは話したり、笑ったりしているとき、口元の筋肉は動かせていても、意外と頬筋までは動かせていないんです。頬の筋肉がしっかりと鍛えられると、重力に負けてたるんでいる皮膚を頬からリフトアップでき、ほうれい線予防につながるのです」(高瀬先生)

高瀬先生によると「アナウンサーをよく見ると、頬筋をしっかり張ったままで口を動かせていることがわかる」そう!

「まず、頬筋を意識することが大切なので、指でソフトタッチして、筋肉を目覚めさせましょう。そのあとに、親指と人差し指でV字を作り、手の甲を顔につけ、頬筋を下から持ち上げるように支えます。その状態で頬筋を意識しながら、何度か笑顔を作ってみましょう。

最初はまったく頬筋が動かないのですが、続けるうちに少しずつ筋肉が鍛えられ、自然と頬筋を張った状態で口元を動かせるようになります。このとき、つい目を細めたり、眉を持ち上げたりしてしまいますが、きちんと目は開いたまま、眉も上げずにおこなうことが大切です」(高瀬先生)

ほうれい線を悪化させてしまう生活習慣とは?

ほかにも、自分で意識できる予防方法はありますか?

「肌のたるみを促進させるような生活習慣を正すことも大切ですね。たとえば、いつもスマホやPCを見ている人は、頭が下がっているので、皮膚が常に下に垂れている状態。できるだけ、頭を下げずにまっすぐな目線で見られるようにしましょう。そのためにも、体幹を鍛えて、姿勢をよくしておきたいところです」(高瀬先生)

また、できるだけあごを引かずにフラットな状態で眠れるよう、枕の高さを変えるのも手だとか。基礎化粧品でのケアとあわせて、マッサージやストレッチも取り入れ、ハリのある肌を手に入れましょう!

■監修
高瀬 聡子 先生
ウォブクリニック 中目黒院長/皮膚科医
  • ドクタープロフィール

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.