ビューティ情報『美容皮膚科でできる、ほうれい線を薄くする「切らない」施術とは?』

美容皮膚科でできる、ほうれい線を薄くする「切らない」施術とは?

2018年4月16日 10:00
 

加齢による、ほうれい線のケア方法高瀬聡子先生


ほうれい線ケアのための施術はどんな人に必要?

美容皮膚科でできる、ほうれい線を薄くする「切らない」施術とは?


ほうれい線やマリオネットラインを、セルフケアで薄くすることは難しいのでしょうか?

「ほうれい線もマリオネットラインも、主となる原因はたるみです。加齢によって、表皮、真皮、脂肪細胞、筋肉、骨すべてが少しずつ衰えていき、それらの連結が弱まってズレが生じ、余った皮膚が重力に負けて、垂れ下がってしまいます。

しかし、たるみの原因はおひとりずつ異なります。筋肉がとくに弱い方もいれば、真皮の衰えが早い方もいますし、いくつかが複合して弱くなっていることもあります。真皮に効果的なアンチエイジングケアをしたり、頬の筋肉を鍛えたりと、セルフケアで軽減できる場合もありますが、時間がかかるもの。さらに、脂肪細胞や骨の老化は、自分では防ぎようがありません」(高瀬先生)

たるみの進行を防ぐため、クリニックではメスを使わないさまざまな施術があるそうです!

ほうれい線やマリオネットラインを薄くする、軽めの施術

美容皮膚科でできる、ほうれい線を薄くする「切らない」施術とは?


では、クリニックでは具体的にどのような施術があるのでしょうか?

「まずヒアルロン酸があります。ほうれい線やマリオネットラインで、皮膚が凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入し、皮膚を持ち上げる施術です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.