ビューティ情報『炭水化物を冷やして食べるとダイエットに良いとされる理由は?』

炭水化物を冷やして食べるとダイエットに良いとされる理由は?

2018年4月3日 10:00
 

炭水化物を冷やして食べるとダイエットに効果的な理由

炭水化物を冷やして食べるとダイエットに良いとされる理由は?


炭水化物=太るというイメージから糖質制限ダイエットがブームになりましたが、炭水化物は決して悪いものではありません。炭水化物は大切なエネルギー源であり、美容にも良い面を持っています。
炭水化物には「レジスタントスターチ」と言われるでんぷんが含まれており、便秘解消など腸内環境改善に役立つのだとか。
【レジスタントスターチの特性】
・大腸で善玉菌のエサとなり、便秘解消が期待できる
・不溶性・水溶性、両方の食物繊維の特性を兼ね備えている
・消化吸収が穏やかで血糖値の上昇が緩やか
・腹持ちが良い

水溶性食物繊維ばかりとっていてもうまく便秘解消はできません。「不溶性」:「水溶性」が2:1であることが理想的なので、炭水化物は便秘解消や美肌作りにも役立つということになります。

そしてもう一つ、レジスタントスターチは加熱してから冷やすとその量が倍増するという特性があるので、炭水化物は冷やして食べるとダイエット効果が期待できると言われるようになりました。

それではどの炭水化物がより多くのレジスタントスターチを保有しているのでしょうか?

炭水化物の中でどれがレジスタントスターチの保有量が高いの?

炭水化物を冷やして食べるとダイエットに良いとされる理由は?


便秘解消に一役買ってくれる「レジスタントスターチ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.