ビューティ情報『生きたまま腸に届く乳酸菌と死菌の違いとは? 期待できる効果について』

生きたまま腸に届く乳酸菌と死菌の違いとは? 期待できる効果について

2018年2月21日 06:00
 

生きたまま腸に届かなくてもOK!? 生菌・死菌それぞれの役割とは?

生きたまま腸に届く乳酸菌と死菌の違いとは?期待できる効果について


健やかな腸内環境を保つには、善玉菌としての乳酸菌を増やすことが重要であると言われています。ただし、乳酸菌を食品から補給したとしても強力な胃酸の働きにより分解されてしまうため、多くの菌は腸に行き着く頃に「死菌」になってしまうそうなんです。

【死菌について】死菌=菌の死骸は悪玉菌が好む有害物質を吸着し、便として体外へ排出する作用があるそうです。また、腸壁を刺激し免疫力を高めるほか善玉菌の餌となり、善玉菌そのものを増やす効果に期待できます。

【生菌について】食品から摂取した乳酸菌の場合、ほとんどが胃酸や胆汁酸によって分解され、死滅してしまいますが、最近では「プロバイオテックス」と呼ばれる「人由来の乳酸菌」も開発されているそうです。その種類の乳酸菌の場合、体外へ排出されるまでの間、悪玉菌にとって住みにくい環境を作る働きをしてくれると言われています。ただし、腸内にずっと定着するわけではないので毎日こまめに食べる必要性があると言われています。

このように、死菌であっても健康維持に欠かせない様々な役割があると言われているため「食品から乳酸菌を摂っても意味がない」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.