ビューティ情報『辛い花粉の肌トラブル…最適なスキンケアとメイク方法とは?』

辛い花粉の肌トラブル…最適なスキンケアとメイク方法とは?

2018年3月10日 18:00
 

花粉で肌が敏感に傾く理由と最適なスキンケア

関連リンク

・300回キスしても落ちない!? クラランスのリップが凄すぎる!
・ロクシタン「ミントヴァーベナ」アイテム 6月6日より限定発売
・肌状態に合わせてスキンケアをチェンジ!目指すは肌と向き合う美容の達人
辛い花粉の肌トラブル…最適なスキンケアとメイク方法とは?


花粉の季節がやってくると、肌がカサついて痒くなったり、赤くなって湿疹が出てしまったりする方も少なくないはず。花粉がアレルギー反応を起こすことでカサつきや痒みをもたらすと言われていますが、普段アレルギーがない方も花粉の季節にだけアレルギー反応が出てしまう場合もあるようです。

それだけでなく、春は紫外線量がぐんと増えたり、空気の乾燥、新生活のストレスなどで肌のバリア機能が低下しやすい時期。痒いからといって肌を掻くと悪化してしまうため気をつけましょう。

花粉の時期のスキンケアは、普段より丁寧に優しく行うことが大切です。洗顔料や基礎化粧品はアルコールや添加物、香料などが含まれていないものや、敏感肌用のものを使うといいでしょう。刺激を与えないようにたっぷりの泡で優しく洗顔をし、ぬるま湯で洗い流したら柔らかいタオルで軽く押さえる程度に水分を吸収させます。

肌のバリア機能を高めるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に含まれた化粧水や美容液、クリームを使い、こまめに保湿ケアをしてくださいね。

花粉の時期に最適なベースメイクのコツ

辛い花粉の肌トラブル…最適なスキンケアとメイク方法とは?


花粉によりかゆみを伴う場合は、石けんで落とせるミネラルファンデーションがおすすめです。肌が敏感でなるべくベースメイクはしたくないと思いますが、何も肌につけないまま外に出るとバリア機能が低下した肌に直接紫外線が降り注いでしまうため要注意。

ファンデーションを選ぶときは、界面活性剤や防腐剤などの量が少ないものや、薄づきで肌への負担が少ないBBクリームやCCクリームがベスト。肌に伸ばすときには体温でしっかり温めてなめらかにしてから、肌全体を包み込むように馴染ませてくださいね。

また、花粉症対策に欠かせないマスクは肌に摩擦が起き、ムレてニキビや吹き出物ができやすくなる可能性があるため、使い捨てマスクを何枚か常備してこまめに取り替えるといいでしょう。

辛い花粉に負けない!バリア機能を高めるスキンケアを

花粉の時期は肌が敏感に偏ってしまい辛いですよね。でも、肌に優しいスキンケアとベースメイクでバリア機能を高めていくことで次第に肌のカサつきが和らいでいくはずですよ。本格的な花粉の時期の前に、花粉に負けない肌作りを始めてみてはいかがでしょうか?

Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.