ビューティ情報『意外と知らない? 魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い』

意外と知らない? 魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い

2018年3月13日 06:00
 

白湯とお湯の違いとは?

意外と知らない?魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い


白湯とお湯は同じものと捉えている方もいることでしょう。白湯の正しい作り方を説明する前に両者の違いを正しくチェックしていきたいと思います。

<白湯とお湯の違いは?>
お湯とは、水と熱の要素を含んだ「熱い水」のことを指す一方、白湯はやかんの蓋をとってブクブクと沸かすことで水・熱に「空(くう)」の要素が含まり、この空によって身体に溜め込んでいた未消化物を綺麗に洗い流してくれると言われています。普通のお湯でも多少は未消化物を流し去ることができますが、正しい要領で作った白湯であれば劇的に洗い流し、美容効果を更に高めてくれるそうです。

【POINT】
白湯の一日の摂取量目安は700〜800mlと言われています。たくさん飲みすぎてしまうと身体のバランスが崩れたり、消化不良を起こすなど、かえって悪い影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。飲み方としてはコップ1杯くらいを少しずつ、分けて飲むのが基本。食事やおやつタイム、朝起きた時など少しずつ飲む習慣をつけるようにしましょう。

白湯の正しい作り方について

意外と知らない?魔法のドリンク「白湯」と「お湯」の違い


白湯の正しい作り方について説明していきたいと思います。使用する水は、できれば浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターなど綺麗なものを選ぶと尚いいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.