ビューティ情報『春の紫外線は要注意!乾燥とセットでお肌も頭皮も危険な状態に!』

春の紫外線は要注意!乾燥とセットでお肌も頭皮も危険な状態に!

2018年3月13日 10:00
 

春の紫外線は侮れない?夏にも匹敵するUV-A

関連リンク

・シミの原因になる寝方がある?あなたは大丈夫?今すぐチェックしよう
・化粧崩れしやすい「顔汗」を抑えてサラサラ肌をキープする簡単テク
・もう「太ももの張り出し」で悩まない!スルッとパンツが入る脚に
春の紫外線は要注意!乾燥とセットでお肌も頭皮も危険な状態に!


3月下旬から4月上旬は、天気が良くてもまだまだ気温も上がり切らないし、ときにはコートが必要な日もあるくらい。

そんな日の紫外線って油断してしまいませんか?実は春の紫外線はとても強く、紫外線対策を忘れてしまうと、いつのまにかシミやシワを作ってしまうことにつながる恐れがあるのです!

「でも夏ほど肌がヒリヒリしないよ〜」とお思いの方!紫外線には2種類あるのはご存じですね?そう「UV-A」と「UV-B」です。よく夏にヒリヒリする紫外線はUV-Bで、いわゆる火傷のように赤くなったりすぐに肌が黒くなったりする日焼けの原因とされるものです。

一方のUV-Aは、私たちの暮らす地上に降り注ぐ紫外線の、約95%を占めているとも言われる紫外線です。UV-Bに比べてエネルギーは弱いのですが、肌の奥の真皮層まで届く紫外線のため、ハリや弾力の細胞を破壊したり、メラニン色素を増殖させてシミやシワの原因になる恐ろしい紫外線です。

春はUV-Bこそ少ないものの、UV-Aが一気に高くなり始める季節なのです!

春の紫外線対策はどうする?

春の紫外線は要注意!乾燥とセットでお肌も頭皮も危険な状態に!


春は冬に比べて露出も多くなります。脚や腕はもちろん、胸元やうなじなど、冬の間隠れていたパーツが顔を出す機会が増えますので、冬の延長と考えてはいけません!しっかり紫外線対策することが重要です。

さらに春の空気はまだまだ乾燥しています。紫外線のみならず、肌には負担がかかる季節なので、日焼け止めに加えて保湿のケアも徹底しましょう!

また日焼け止めの選び方にも注意です!「SPF50」など、数字を見ると効果の強さがわかりますが、SPFの数字の高さはその持続性も表しています。お肌への負担も大きくなるためSPF20〜30程度をこまめに塗り直すのがおすすめです!

また、肌だけでなく、紫外線を頭皮に浴びるとフケやかゆみの原因になるのでおしゃれな帽子をかぶって対策しましょう!

春の紫外線は侮れません!気温の低さに惑わされず、日焼け止めと保湿をしっかりと徹底して美肌を守りましょう!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.