ビューティ情報『ニキビかできているのに日焼けをしてしまった時の対策法とは?』

ニキビかできているのに日焼けをしてしまった時の対策法とは?

2018年4月4日 18:00
 

日焼けしてニキビに紫外線が当たると治りが遅くなってしまう可能性が…

ニキビかできているのに日焼けをしてしまった時の対策法とは?


紫外線を浴びると、肌が急激に乾燥して角質が肥厚し、毛穴が詰まりやすくなることで皮脂がスムーズに排出されなくなりニキビができやすくなると言われています。

また、ニキビができている肌に紫外線が降り注ぐと、酸化した状態の皮脂が毛穴に刺激を与えてニキビを増やしたり、活性酸素がニキビの炎症を悪化させて治りが遅くなってしまう場合も…。

日焼け止めを塗り忘れたり、日焼け止めを塗っていてもうっかり日焼けをしてしまったときには、すぐにアフターケアを行いニキビの悪化を防ぎましょう。

ニキビができた部分に日焼けをしたときの正しいアフターケア

ニキビかできているのに日焼けをしてしまった時の対策法とは?


火傷の一種と言われる日焼けは、すぐに肌を冷やすことが大切です。濡らしたタオルを冷蔵庫に入れておき、日焼けした部分に当ててクールダウンさせましょう。紫外線をたくさん浴びると身体も肌も急激に水分が奪われた状態になるため、たっぷり水を飲むことも効果的です。

日焼けした部分を冷やしたら、次に重要なのが保湿ケア。冷蔵庫で冷やしておいた化粧水を手のひらに取って3〜5回に分けて丁寧に馴染ませていきましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.