ビューティ情報『美白コスメが効きやすいシミ・効きづらいシミの正しい見分け方』

美白コスメが効きやすいシミ・効きづらいシミの正しい見分け方

2018年4月1日 10:00
 

美白コスメが効きやすいシミ・効きづらいシミについて

美白コスメが効きやすいシミ・効きづらいシミの正しい見分け方


美白コスメは基本的に肌の中でメラニンの生成を抑えるもの。そのため、皮膚そのものには変化がなくメラニンだけで出来ているタイプのシミに有効的と言われています。

<美白コスメが効きやすいシミ>
【老人性色素斑】紫外線によるシミの一つで、頬骨の高い位置からできることが多いそうです。初期の場合(※)美白ケアでも補うことができますが、完成してしまったものはレーザー治療が必要と言われています。

【炎症性色素沈着】にきび跡や虫刺され・傷跡がシミになったものと言います。美白コスメやピーリング、症状によっては自然経過で治るシミもあるそう。

【肝斑】女性ホルモンのバランスが影響してできるシミで妊娠中や更年期などに出来やすいです。美白ケアをはじめ、桂枝茯苓丸などの漢方薬がおすすめ。

(※)美白ケアとは美白コスメ以外にもケミカルピーリングなどのケア方法を含みます。

<美白コスメが効きづらいシミ>
【脂漏性角化症】イボ状に盛り上がった良性の腫瘍で老人性色素斑からできることもあるそうです。美白コスメは効かず、美容皮膚科では凍結療法・レーザー治療を推奨されることが多いと言われています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.