ビューティ情報『洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法』

洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法

2018年4月10日 10:00
 

洗顔後に白い角栓が出てくる原因とは?

洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法


洗顔後の肌を見てみると、鼻の毛穴などから白い角栓が出てきたという人も少なくないはず。この白い角栓は、水分を吸収した角栓がふやけることで白くなって現れると言われています。そのため、洗顔後・入浴中・汗をかいたときなどにも現れやすいのです。

白い角栓が気になるからと言って、無理矢理爪などで押し出したり、取り除こうとすると肌が傷ついてしまうため優しくお手入れをしていくことが大切ですよ。

白い角栓を優しくケアしてなめらかな肌にするスキンケア

洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法


角栓は、皮脂や汚れが古い角質に混じり合ってできるのですが、肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まってしまうことも原因のひとつ。ターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質が洗顔でスムーズに剥がれ落ちていきますが、乾燥や血行不良、睡眠不足や食生活の乱れなどでターンオーバーが乱れて角栓ができやすくなってしまうのです。

肌の表面に出てくる白い角質をケアするには、ホットタオルを当て毛穴を開かせてから洗顔する・酵素洗顔を使うことがポイントです。

洗顔をする前にホットタオルを顔全体に当てておくと、毛穴が開いて角栓が柔らかくなり、洗顔をしたときに角栓が取れやすくなりますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.