ビューティ情報『妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?』

妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?

2018年3月26日 10:00
 

妊娠中のパーマやカラーはOK?赤ちゃんに影響は?

妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?


妊娠中は、普段なんでもないささいなことでも、体に影響や負担を与えてしまうことがあります。もちろん美容室に通うのも一苦労でしょう。

妊娠の時期にもよりますが、安定期に入る前や、つわりの辛い時期に美容室へ行くのはやめたほうが健全でしょう。パーマ液やカラーリング剤の匂いで気分が悪くなるなど、少なからず影響が出てくる可能性も大きいです。

妊娠中はお肌が敏感になるケースがありますので、地肌がかぶれたりかゆみが発生することがあるので、パーマやカラーリングには注意が必要です。オーガニックのカラーリング剤などを使用できれば、幾分症状が和らげるかもしれません。

これらが赤ちゃんに影響を与えるかどうかは、医学的に証明されていないそうです。そのため、もちろん妊娠中のパーマやカラーリングは禁止されているということもありません。

ただし、市販のカラーリング剤を使ってのセルフカラーリングはお肌についてしまうリスクもあるので、避けておいたほうが良いでしょう。

妊娠後期の美容室でやっておきたい髪のケアと注意点

妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?


産後は、赤ちゃんの世話で忙しい毎日を過ごすことになりますよね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.