ビューティ情報『目の紫外線対策、忘れてない?紫外線が目に及ぼす悪影響とは』

目の紫外線対策、忘れてない?紫外線が目に及ぼす悪影響とは

2018年5月26日 09:59
 

紫外線が目に入ることでもたらされる悪影響とは?

関連リンク

・忙しい朝も、もっちり潤い肌を作る! 朝の“ながらスキンケア”のススメ
・口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術
・光を操る☆質感重視のメリハリ顔をつくるメイク術!
目の紫外線対策を忘れてない?紫外線が目に及ぼす悪影響


紫外線が降り注ぐと日焼けをするだけでなくシミやシワ、たるみなどの肌老化をもたらします。外出するときは日焼け止めを欠かさず塗っていても、紫外線は目にも入りやすく、うっかり日焼けをしてしまう場合があると言われています。

そもそも日焼けのメカニズムは、紫外線を浴びてから肌の内部でメラニン色素が大量に作られ、ターンオーバーによりうまく排出されないメラニン色素が色素沈着を起こすということ。メラニン色素肌に蓄積されることで日焼けやシミができてしまいます。

でも、紫外線が目に入るとなぜ日焼けするのか…いまいちパッとしませんよね。その理由は、目に紫外線が入ることで、脳が勝手に紫外線が強いと判断し、肌の内部に大量のメラニン色素を作り出してしまうからなのです。

日焼けを防ぐ、正しい目の紫外線対策とは?

目の紫外線対策を忘れてない?紫外線が目に及ぼす悪影響


いくら日焼け止めを顔や身体に塗っていても、目に紫外線が入ると勝手にメラニン色素を作り出してしまうため、目の紫外線対策も欠かせません。かといって、目に日焼け止めを塗るわけにはいかないため、サングラスや帽子、日傘などのアイテムをうまく活用していきましょう。

目に入ってくる紫外線を阻止するのに最も効果が高いと言われているのがサングラス。サングラスの選び方は、UVカット効果が高いもの・目元周辺をしっかりカバーしてくれるもの・目の形にフィットしやすいものがおすすめですよ。デザイン性だけで選んでしまい、自分の目の形に合わないサングラスをつけると目が疲れやすくなるため、試着をして納得のいくサングラスを選ぶといいでしょう。

また、ツバ部分が広い帽子や日傘を活用すると耳や首元の日焼け対策をすることもできます。サングラスをつけるのは抵抗がある場所へ行くときなどは帽子や日傘で目の紫外線対策をしてみてくださいね。

帰宅したらホットタオルで目元の血行を促し、化粧水や美容液を塗ってからアイクリームを馴染ませつつ目元のマッサージを行い、疲れた目をほぐしてアフターケアをすることをおすすめします。

目の紫外線対策でうっかり焼けを予防しよう

紫外線を浴びてシミなどができるの、完全に治すためにはたくさん時間がかかってしまいます。日焼け止めを塗ることはもちろん、サングラスや帽子、日傘をうまく活用しめ目の紫外線対策を行ってシミとは無縁の美白肌を目指しましょう!

(※本記事は2018年4月9日に公開したものです。一部内容を変更し、再公開しています)

Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.