ビューティ情報『痩せ体質を手に入れる!ココナッツミルクダイエットはいかが?』

痩せ体質を手に入れる!ココナッツミルクダイエットはいかが?

2018年4月8日 06:00
 

ココナッツオイルよりミルクをおすすめする理由

オイルより効果あり?ココナッツミルクで痩せ体質を手に入れよう


ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を摂取すると体内で「ケトン体」というエネルギー源が生成され、脂肪が効率よく燃えます。しかし、中鎖脂肪酸は当然ながら同じ原料(ココヤシ)から作られるココナッツミルクにも豊富に含まれており、ケトン体の血中濃度はココナッツミルクの方が高くなりやすいんです!

〜ココナッツオイルよりミルクをおすすめする理由〜
<消化・吸収されやすい>
ココナッツオイルは成分の100%が脂質で100gのうち約50〜60gは中鎖脂肪酸ですが、40〜50gは長鎖脂肪酸です。長鎖脂肪酸は消化・分解されにくく体に溜まりやすい脂肪なので過剰摂取してしまうと返って体重が増えてしまう可能性も。一方、ココナッツミルクの脂質は100gのうち20g前後。このうち15gほどが中鎖脂肪酸なのでココナッツミルクの方が消化・吸収されやすく、脂肪が体に溜まりにくいのです。

<カロリーが低い>
ココナッツオイルは1g約9カロリーと高カロリーなので食べ過ぎるとエネルギーの過剰摂取になります。しかし、ココナッツミルクは脂質の含有量がオイルに比べて少なく、カロリーも低いのでダイエット中でも安心して取り入れられます。

ココナッツミルクでダイエットを成功するには糖質を制限することが大切なポイント。せっかくココナッツミルクを摂ったとしてもご飯や菓子パンを食べ、血液中のブドウ糖が多くなるとケトン体はあまり合成されません。ケトン体を合成し、効率よく脂肪燃焼させるためにもできるだけ糖質を制限することをおすすめします。

ココナッツミルクを使ったおすすめのダイエットレシピ

オイルより効果あり?ココナッツミルクで痩せ体質を手に入れよう


女性の味方「亜鉛」たっぷりの牡蠣を使ったダイエットレシピです。亜鉛は皮膚の再生を促し、美肌効果が期待できます!

〜牡蠣のココナッツミルクスープの作り方〜
<材料>
・牡蠣1パック
・ココナッツミルク1缶
・ココナッツオイル大さじ1
・椎茸4〜5枚
・赤パプリカ1/2個
・ピーマン1/2個
・玉ねぎ1/2個
・おろし生姜30g
・おろしにんにく2片分
・水1カップ
・塩胡椒適量
・ナンプラー大さじ1
・レモン汁小さじ1

<作り方>
1.牡蠣は塩水で洗い、真水ですすいだら水気をしっかり切っておきましょう。
2.玉ねぎと椎茸は薄切り、ピーマン・パプリカは角切りにします。
3.鍋にココナッツオイルをひき、おろしにんにく・おろし生姜を入れ、香りが立ってきたら1の玉ねぎを炒めます。
4.次に、椎茸・ピーマン・パプリカを加えて軽く炒めたら水とココナッツミルクを少しずつ加えます。
5.4を一度沸騰させ、中火で1〜2分程煮込みます。
6.ナンプラーと牡蠣を加え、塩胡椒で味を整えます。再び沸騰したら火を止めましょう。
7.最後にレモン汁を加え、軽くかき混ぜたら完成です。

いかがでしたか?もし、忙しくて自炊する時間がない場合はココナッツミルクを大さじ1杯分コーヒーなどの飲み物や、サラダや卵焼きにかけてあげるのもおすすめです。是非ダイエット中の女性はお試しください。

Profile

■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.