ビューティ情報『つらい花粉症・肌荒れには西洋ハーブの「ネトル」がおすすめ!』

つらい花粉症・肌荒れには西洋ハーブの「ネトル」がおすすめ!

2018年4月12日 06:00
 

花粉症・肌荒れにおすすめ!「ネトル」ってどんなハーブ?

関連リンク

・ムダ毛処理後の埋没毛によるチクチク肌をすべすべ肌にするケアとは?
・「ながら食べ」に要注意!消化力をUPするおすすめの食事方法
・イガイガ知らずで春を楽しく!海外発・カワイイ喉の保湿グッズ4選
つらい花粉症・肌荒れには西洋ハーブの「ネトル」がおすすめ!


ハーブといえばローズヒップやカモミールなどが有名ですが、ネトルについては初めて耳にする方も多いのではないでしょうか?ネトルとは一体どのような性質を持つハーブなのかチェックしていきましょう。

【ネトルってどんなハーブ?期待できる効果について】

<肌荒れ対策>
ネトルには美肌や肌荒れ解消効果が期待できるビタミンC・葉酸・β-カロテン(ビタミンA)などのビタミン類がバランス良く含まれており、別名「天然のマルチビタミン」と呼ばれているそうです。

<アンチエイジング>
ネトルに含まれるポリフェノール(ケルセチン)・クロロフィルといった抗酸化成分には毛細血管を強化し、お肌を若返らせる働きがあるそうです。

花粉症への効果>
アレルギーの治療薬として有名な抗ヒスタミン成分が含まれていることから、花粉による鼻づまりや目・肌のかゆみを和らげる効果が期待できます。

<注意点>
ネトルは海外だけでなく、日本でも本州・九州・四国と全国的に自生しているハーブですが、草全体には鋭い棘があり、直接触れると痛みやかゆみを生じる可能性があります。ネトルを活用する際はできるだけ市販のドライネトルを購入するようにしましょう。

「ネトル」を使った美容レシピ〜ネトルスープの作り方〜

つらい花粉症・肌荒れには西洋ハーブの「ネトル」がおすすめ!


ネトルはクセが強くないため、ハーブティーだけでなく、スープなどのお料理にも適しています。今回はネトルスープのレシピをご紹介します。

【ネトルスープの作り方】
<材料>
・ドライネトル大さじ1
・ウインナー3〜4本
・玉ねぎ1/3個
・じゃがいも1/2個
・人参1/3本
・コンソメの素1個
・水2カップ
・生クリーム100cc
・バター小さじ2
・塩胡椒適量

<作り方>
1.ウインナーは斜め薄切り、人参は短冊切り、玉ねぎはみじん切り、じゃがいもはさいの目切りにカットします。
2.鍋に水を入れ、沸騰したらネトルを加え、火を止めてそのまま5分間置きましょう。
3.2を濾し、1の具材と一緒に鍋に入れます。コンソメの素を入れアクを取りながら煮込んでいきましょう。4.具材が柔らかくなったら生クリームを加え、一煮立ちさせます。
5.塩胡椒で味を整えて完成です。

<ネトルを活かすポイント>
有効成分を余すことなく吸収するためには、生クリーム・バターなどの油分を一緒に使うことが大切なポイントです。

いかがでしたか?肌トラブルや辛い花粉症に悩まされている方は、是非、お試しくださいね。

 Profile

■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.