ビューティ情報『【連載】日焼け止めを塗るのはなぜ? 意外な理由を全力解説!〜UVケア編〜』

【連載】日焼け止めを塗るのはなぜ? 意外な理由を全力解説!〜UVケア編〜

2018年5月17日 10:00
 

全力解説_UVケア


日焼け止めによるUVケアはなぜ必要なの?

日焼け止めを塗るのは何のため?そう聞かれれば、当然「日焼けしないため」と答えますよね。

もちろんそうなのですが、肌の色が単に黒くなるのを防ぐためだけではないし、黒くなったあとシミができるのを予防するためだけが日焼け止めを塗る理由ではないのです。

「紫外線が肌に悪い」という事実は、もはや常識と言えるぐらいまで認知されていますが、ではなぜ肌に悪いのでしょう?

人間の老化のひとつに“酸化”があります。

【全力解説!】

“酸化”とは、人間が酸素を取り組んでエネルギーを得る時に発生する酸素が、体内の物質と結びつく反応のこと。

全力解説_角層保湿_角層は簡単に潤わせることはできない!


このプロセスの中で取り込まれた酸素の一部が、ほかの物質を酸化させる力のより強い酸素に変化したものを「活性酸素」と呼びます。

紫外線はこの活性酸素を増やす大きな原因のひとつなのです。

「活性酸素」は正常な細胞や遺伝子を傷つけ、その機能を衰えさせてしまいます。それにより、人間は老化するのです。

全力解説!


細胞1個あたり、1日に約10億個の「活性酸素」が発生する!

【全力解説!】

1日10億個!と聞くとクラクラしますが、肌には本来自らを守る反応として、この「活性酸素」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.