ビューティ情報『【連載】「ゆらぎ肌」を放置すると老ける!? メカニズムを全力解説!〜肌のゆらぎ編〜』

【連載】「ゆらぎ肌」を放置すると老ける!? メカニズムを全力解説!〜肌のゆらぎ編〜

2018年6月20日 15:00
 

全力解説_ゆらぎ肌


チクチク、ピリピリ…“肌のゆらぎ”の原因は?

肌を取り巻く環境が悪化の一途をたどっている現在。これまで何のトラブルもなかった人が急にゆらいで敏感肌の症状に悩まされることが増えているといいます。

肌のゆらぎ


主な原因とされているのは、花粉をはじめ、PM2.5や車の排気ガスといった大気汚染物質。なかには肌の毛穴よりも小さいものもあり、それが毛穴に入り込んで赤みやかゆみなどの炎症を起こします。

また、パソコン仕事などで本人が気づかないうちに心身にストレスがあると、体内の血流が低下します。こうなると肌が生まれ変わるターンオーバーがスムーズにいかなくなり、未熟な角層細胞が生まれます。結果、バリア機能が弱くなり、外部からの刺激を受けやすい肌になるのです。

肌がゆらぐのは、体の防御反応だった!

肌がゆらぐメカニズムを簡単に説明します。外部からの刺激によって炎症細胞が現れると、これを鎮めようと肌の防御機能が働きます。

肌のゆらぎ


問題は、すでに炎症が収まっているにも関わらず、肌内部の抵抗が続くこと。この状態が「微弱炎症」と呼ばれる状態です。

全力解説!


炎症細胞が消えても、肌の防御反応が続いてしまうことがある!

【全力解説!】

資生堂の研究で、この「微弱炎症」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.