ビューティ情報『魔法の痩せホルモン!? 「インクレチン」を増やす食べ方とは?』

魔法の痩せホルモン!? 「インクレチン」を増やす食べ方とは?

2018年5月28日 10:00
 

痩せホルモン「インクレチン」とは?分泌量を増やす食べ方

魔法の痩せホルモン!?「インクレチン」を増やす食べ方とは?


私たちの腸の中には約100兆個にも及ぶ腸内細菌が住み着いており、種類によっては食後の高血糖を抑える働きを持つものもあるそうです。そして、そのメカニズムをサポートしているのが「インクレチン」と呼ばれるホルモンです。

正しいポイントを抑えた上で食事をすると、腸壁からインクレチンが分泌し膵臓に「血糖値を下げるためにインスリンを出せ」と指令を出すことから、食後の血糖値を抑えやすくなります。急激な血糖値の上下を抑えることは食べ過ぎを防止することに繋がるので、ダイエットに効果的と言われています。

では、インクレチンの分泌をスムーズに促すにはどのような食べ方をすれば良いのでしょうか?

【インクレチンの分泌量を増やす食べ方】
<野菜を最初に食べる>
まず、野菜や海藻など水溶性食物繊維が豊富な食材から食べるようにしましょう。これらには血糖値改善に働く腸内細菌を増やす効果が期待できます。

<ご飯の前におかずを食べる>
腸にはインクレチンを出すためのスイッチとも言える細胞があり、このスイッチはご飯よりも先に魚やお肉、チーズなどのタンパク質を食べることで強く押され、インスリンも早く出るため食後の血糖値の急上昇を抑えやすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.