ビューティ情報『ショートとロングどっちがいいの?肌荒れの原因は髪の毛だった?』

ショートとロングどっちがいいの?肌荒れの原因は髪の毛だった?

2018年5月24日 18:00
 

髪型で肌荒れ?ショートとロングどっちなら大丈夫?

ショートとロングどっちがいいの?肌荒れの原因は髪の毛だった?


「もうすぐ夏だし思い切ってショートにしようかな」

季節が変わると髪型を変えたくなる人もいると思います。でもショートヘアにした途端、顔にニキビができてしまったなど、髪型によって肌荒れを引き起こすこともあるのだとか!

あなたはショートヘアですか?それともロングヘアですか?実は髪の毛の長さが原因で肌荒れしやすいということはあまりありません。むしろ問題は、その髪型にあります。

なかでも、髪の毛が常におでこや頬にあたっている人は要注意です。コンプレックスの顎のラインや広いおでこを隠したり、小顔に見せるために広範囲を髪の毛で覆うなど、髪の毛と肌が触れている人は、物理的な刺激によって肌荒れを引き起こすことがあるのだそう。

ロングヘアの人は髪を結いたり、前髪がある人は自宅ではピンで留めるなどして、できるだけ顔に髪があたらないように工夫したいところですね。特に注意したいのは、ボブヘアの人。常に髪が顔に触れているため、敏感肌の人にはおすすめできない髪型です。

シャンプーは顔にとって刺激物!髪の洗い方で肌の負担を減らそう!

ショートとロングどっちがいいの?肌荒れの原因は髪の毛だった?


普段のシャンプーにも気をつけましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.