ビューティ情報『うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ』

うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ

2018年7月18日 06:00
 

髪を痛ませやすい朝のNGヘアケアって?

うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ


まとまったツヤ髪にするには、朝のスタイリングが大切ですが、ついうっかりやってしまいがちなヘアケアがあります。

それは「朝シャンプー」「濡れた髪へのヘアアイロン」「スタイリング剤の付けすぎ」です。心当たりがあってドキッとされた方、まずはNGヘアケアについて詳しく見ていきましょう。

朝のNGヘアケアを見直して、正しいヘアケアで美しい髪に!

うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ


朝寝癖を直そうとしてシャンプーをすると、髪に必要な皮脂や潤いが流れてしまう場合があります。皮脂を落としすぎると余計に頭皮から皮脂が分泌されてベタつきの原因にも。シャンプーは夜の1回だけで良いと言われいるので、寝癖を直したいときには部分的に濡らして乾かすことをおすすめします。

寝癖直しや水などで根元から濡らして、癖を真っ直ぐに伸ばすように軽く引っ張りながらドライヤーを当てて、仕上げに冷風を当てると寝癖が直ります。

また、髪を濡らしたあとすぐにアイロンを当てるのもNGです。髪が濡れた状態では、髪の内部の乾燥やダメージを守るキューティクルが開いているため、髪の内部にまでアイロンの熱が浸透して髪が乾燥してしまうと言われています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.