ビューティ情報『「日焼けして肌がすぐ赤くなる」タイプの正しいアフターケアって?』

「日焼けして肌がすぐ赤くなる」タイプの正しいアフターケアって?

2018年8月9日 06:00
 

日焼けすると肌が赤くヒリヒリする理由って?

「日焼けして肌がすぐ赤くなる」タイプの正しいアフターケアって?


紫外線を浴びると赤くなる肌は、肌を紫外線から守るメラニン生成量が少ないため、紫外線B波を受けやすいと言われています。紫外線B波を浴びることにより肌が赤くなるのは「サンバーン」と呼ばれており、肌の表面が炎症を起こしていたり、軽度のやけどのような状態。

炎症が酷い場合、ほてり・痛み・頭痛・発熱などを引き起こす場合もあるため注意が必要です。日焼けをして肌や体の不調を感じたら、すぐに医師に診てもらうことをおすすめします。

日焼け後すぐ赤くなる肌タイプに最適なアフターケア

「日焼けして肌がすぐ赤くなる」タイプの正しいアフターケアって?


日焼けをしたらすぐ赤くなる方は、なによりも先に冷やして炎症を和らげましょう。日焼けした部分に冷たいシャワー、氷水などを当てて10〜15分ほどクールダウンさせて血行の流れを抑えます。

洗顔料やクレンジングは、肌への負担が少ない敏感肌向けのものがおすすめです。ゴシゴシ擦らないようにいつも以上に丁寧にメイクを落としていきましょう。

洗顔とクレンジングをしたら、肌への摩擦を最小限に抑えるためにコットンではなく手のひらで化粧水をつけていきます。

500円玉ほどの量を手のひらに出して両手に広げたら、肌全体が潤うようにじっくり優しく包み込むイメージで浸透させていきましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.