ビューティ情報『バレエダンサーが細い理由は、体幹にあり!腹筋と背筋の筋トレ』

バレエダンサーが細い理由は、体幹にあり!腹筋と背筋の筋トレ

2018年9月21日 10:00
 

ダンサーに教わる、細見え筋トレ 山田蘭さん


ダンサーの細い体を支える、強い体幹を鍛える筋トレ

細くて美しい体のバレエダンサーですが、実際は舞台上で難しいテクニックをこなし、タフに踊り切るために、しっかりと筋トレをして鍛えています。筋肉があるのに、彼女たちはなぜ細いのでしょうか?Kバレエ カンパニーのダンサー、山田蘭さんに聞きました!

「バレエダンサーは、筋肉を固めるのではなく、長く引き伸ばす感覚で踊るので、しなやかな筋肉が身につきます。また、脚と腕は、筋肉を使って外側に回し続けて踊るので、普通の生活では鍛えにくい、たるみやすい箇所の筋肉がきちんとつきます。二の腕の下側にある上腕三頭筋と、太ももの内側にある内転筋は代表的な箇所で、ここが引き締まると腕も脚もまっすぐなラインになり、細く整って見えるのです」(山田さん)

さらに、バレエを踊るためには、実は「軸」となる強い体幹が大切だそう!

「のびやかに脚と腕を使って自由に踊るためには、しっかりと強い体幹があることが重要です。ブレない体幹があれば、回転も跳躍も、安定的にさまざまなテクニックをこなすことができます。そのために、いつも腹筋と背筋はきちんと鍛えて、意識しながら踊っています」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.