ビューティ情報『さつまいもの皮は栄養の宝庫?! 「皮」に秘められた美容効果とは?』

さつまいもの皮は栄養の宝庫?! 「皮」に秘められた美容効果とは?

2018年10月11日 19:00
 

皮ごと食べれば得られる3つの栄養素と美容効果

さつまいもの皮は栄養の宝庫。「皮」に秘められた美容効果とは?


さつまいもの皮の紫色「ポリフェノール」でアンチエイジングを狙おう!

さつまいもの皮の部分には「ポリフェノール」が含まれてます。これは「アントシアニン」と「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種です。「アントシアニン」は主に紫色の成分で、皮の全体に含まれています。これらは、血液を綺麗にしてくれるほか、血行促進効果も期待できます。「クロロゲン酸」というのは抗酸化成分で、これも皮にたくさん含まれています。抗酸化作用が、シミシワの予防にもなり、アンチエイジング効果が期待できます。

さつまいも独自の成分「ヤラピン」で便秘解消

さつまいもは「ヤラピン」という独自の成分を持っていますが、この「ヤラピン」は皮と実の間に多く含まれています。さつまいもを切ると切り口から白い液体がでてくるかと思いますが、それが「ヤラピン」です。これはさつまいもにしか含まれていない成分で、腸の蠕動運動を活発化したり、促進したりする作用を持っています。また便を柔らかくしてくれる緩下作用もあるので、便秘解消をより期待できる食品です。さつまいもには食物繊維も多く含まれますので、「ヤラピン」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.